わいらす 国立病院機構仙台医療センター ウイルスセンターホームページ

仙台医療センタートップページ >> ウイルスセンタートップページ >> みちのくウイルス塾

医療関係者の方々へ ウイルス分離・抗体検査依頼について ウイルス分離および抗原検出情報 地域レベルのパンデミック・プランニング 夏の学校 みちのくウイルス塾
    バリフード® バリフロー®  

みちのくウイルス塾とは

この会は、大学生、大学院生 、研修医、高校生、地域の医療関係者、一般の方などに、ひろくウイルスのことを知ってもらおうと毎年夏に仙台で開いている講演会で、ウイルス研究の各分野で選りすぐりの講師陣がひとところに集まり、とにかく「わかりやすい」講義をめざしてお話をしてくれるというものです。

こうした講演会は、日本ではこの時期、仙台にしかありません。ウイルスを知りたい人は、どなたでも無料で参加できます。毎年100人近い方々にご参加いただいています。また、遠方からご参加になる方には無料で宿泊の提供もあります。

ウイルスあるいは科学や科学の応用、医学に興味を持っているみなさん、こうした絶好の機会を逃さず、ぜひのぞきに来てみてください。



第19回 みちのくウイルス塾(2020年7月23日(木)〜24日(金)開催)

第19回みちのくウイルス塾の開催について

今年もやります!

いつもみちのくウイルス塾を楽しみにしていただきありがとうございます。最初に今年の開催についてのご連絡が本日まで遅れてしまったことを、お詫びします。

みなさま方ご存じのようにCOVID-19のパンデミックの影響で開催を危ぶんでいました。しかし、日々ウイルスを相手に仕事をしている者として私たちには、この流行に対してはむやみに怖れることなく冷静に対処できるはず、という矜持があります。
 そのため、範を示す意味で、当塾は拙速に中止の決定を出すことなく、まずは社会の状況をじっとみていました。そして昨今の状況から先週、開催は可能と判断し、今年も開催を決めました。ここにご報告いたします。

会場となる当院の許可も得ておりますし、講師の先生方も積極的に参加を表明してくださっています。ただし、状況次第では直前であっても中止の判断はすることにしており、その判断については迅速に行います。また中止の決断をしたときには参加予定の方々に対してはその旨を迅速にお知らせしたいと考えております。
 そのために今回は、これまでに経験がなかったことですが、参加者にはメールでの事前受付をお願いすることにすることにしました。
 参加は無料ですが、参加したい方はぜひウイルスセンターに参加希望の旨をメールでお知らせください。(詳しくはポスターをご覧ください)

開催は来月23,24日です。世の中には嘆かわしくも「正しく怖れる」という言葉を誤って一方的に理解し得意になっている面々が多いです。しかし、われわれはそれらとは一線を画し、冷静かつ理屈にあった態度で参集し、ウイルス学を楽しみましょう。それが将来への力になります。

それでは、ウイルス塾事務局一同、みなさまのご参加をお待ち申し上げております。

仙台医療センター ウイルスセンター 西村秀一

第19回 みちのくウイルス塾

これまでの『みちのくウイルス塾』 の内容

〒983-8520 宮城県仙台市宮城野区宮城野二丁目11番12号
独立行政法人国立病院機構仙台医療センター内
直通電話:022-293-1173  ファックス:022-293-1173   電子メール:113-vrs.center@mail.hosp.go.jp