仙台医療センタートップページ >> 病院指標

独立行政法人国立病院機構 仙台医療センター 交通・アクセス

令和元年度 国立病院機構 仙台医療センター 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞の患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分 0〜 10〜 20〜 30〜 40〜 50〜 60〜 70〜 80〜 90〜
患者数 1,295 333 465 834 1,181 1,499 2,323 2,853 1,623 294
当院は救命救急センターを有する総合病院で地域医療支援病院です。地域の中核施設として各科ともに安全かつ質の高い医療を幅広い年齢層に提供しています。
若年層が多いのは救命救急センターでの外傷をはじめとする外因性疾患、母子医療センターの産婦人科系疾患を地域の基幹施設として治療しているためです。また幼小児に関してはNICUを有し新生児疾患に対応する小児科、地域の医療機関より手術目的に多くの患者を紹介される小児眼科疾患などが影響して多くの患者数となっています。
年毎のデータで年齢分布は大きくは変わりませんが、高齢者の患者さんの割合は高く、地域の需要に対応していると考えています。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
内分泌・代謝内科(総合診療科,腎臓内科,緩和ケア内科含む)
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
100070xx99x100 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。)(末梢循環不全なし。)の治療 53 13.30 13.72 3.77% 61.13 糖尿病パス
100070xx99x110 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。)(末梢循環不全なし。)の治療(腎合併あり等) 43 13.91 15.20 0.00% 61.28 糖尿病パス
100071xx99x110 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。)(末梢循環不全あり。)の治療(腎合併あり等) 42 14.86 14.74 0.00% 63.88 糖尿病パス
100180xx990x0x 副腎皮質機能亢進症、非機能性副腎皮質腫瘍の治療 32 3.31 6.24 0.00% 50.84
100040xxxxx00x 糖尿病性ケトアシドーシス、非ケトン昏睡の治療 29 10.45 13.41 3.45% 57.38 糖尿病パス
疾患分類が細分化されているため別々の病名での統計となっていますが、1〜3位が「2型糖尿病の治療」です。「2型糖尿病の治療」とは、いわゆる糖尿病教育入院のことです。近隣医療機関からの紹介、および、当院外科系診療科からの術前血糖コントロール依頼など様々なパターンがあります。主にクリティカルパスを用いた2週間の入院プログラムで診療しています。
4位は副腎腫瘍の精査のための入院で、原発性アルドステロン症に対する副腎静脈サンプリングや、クッシング症候群に対するホルモン負荷試験での検査入院です。
5位は高血糖昏睡です。当院が大都市圏の三次救急病院であることを反映しており、当科の特徴ともいえます。入院当初はICUでの集中治療を行い、病状が安定したら一般病棟で糖尿病治療を継続します。
また、数値には表れませんが、高血糖昏睡の約2倍の低血糖昏睡も診療しています。低血糖昏睡の診療は1〜2日で、意識回復後に治療内容の見直し等、糖尿病教育入院に移行する例も多く、本統計上の最も医療資源を投入した病名としては「2型糖尿病」に含まれているケースが多いです。
血液内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
130030xx99x40x 非ホジキンリンパ腫の化学療法(リツキシマブ) 150 10.39 15.79 0.67% 67.91
130010xx97x2xx 急性白血病の化学療法(輸血+その他) 60 32.47 39.36 0.00% 58.90
130010xx99x2xx 急性白血病の化学療法(その他) 34 9.82 13.47 0.00% 69.97
130030xx97x40x 非ホジキンリンパ腫の化学療法(輸血+リツキシマブ) 25 25.84 31.30 4.00% 71.24
130060xx99x4xx 骨髄異形成症候群の化学療法(アザシチジン) 25 8.28 10.43 0.00% 72.32
当院血液内科の入院患者の多くは造血器悪性腫瘍であり、その中でも悪性リンパ腫や白血病、骨髄異形成症候群の症例が多くなっています。
悪性リンパ腫の中で最も多くを占めるのはびまん性大細胞型B細胞リンパ腫や濾胞性リンパ腫などのCD20陽性B細胞性リンパ腫であり、それらに対する標準治療はリツキシマブを含む化学療法です。造血器悪性腫瘍の有害事象として骨髄抑制に伴う貧血や血小板減少があり、それらに対しては輸血が適応となります。
高リスク骨髄異形成症候群に対してはアザシチジンが標準的治療法となっています。
脳神経内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010130xx99x4xx 重症筋無力症の治療(ガンマグロブリン) 54 27.54 17.16 0.00% 59.26
010230xx99x00x てんかんの治療 35 6.69 7.10 2.86% 54.51
010060x2990401 脳梗塞の治療(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満、RankinScale0-2)(エダラボン) 30 23.80 16.13 46.67% 65.67
010060x2990201 脳梗塞の治療(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満、RankinScale0-2)(脳血管リハビリテーション等) 22 24.59 16.16 18.18% 70.18
010230xx99x20x てんかんの検査 21 15.43 13.71 9.52% 55.14
脳神経内科では、脳、脊髄、筋、末梢神経の疾患を適切に診断し、治療を行っております。重症筋無力症は、比較的稀な神経難病ですが、全国有数の患者さんの診療にあたっております。最近は、新薬の開発が相次いでおり、それらの治療薬を駆使して、単に生命予後を改善させるだけでなく、患者さんの生活の質をできるだけ保てるよう配慮して治療しております。治験なども行っており、業績は国際学会誌などにも公表しております。
てんかんに関しても救急病院として多数の患者さんの診療にあたっております。単に発作を止めるだけでなく、脳画像検査や脳波、髄液検査などで原因を究明し、適切な治療を行っております。近年、新規抗てんかん薬が増えてきており、患者さんにあった最良の治療を選択するように努めております。
脳梗塞に関しては、超急性期治療として血栓溶解療法を多数行い、必要な患者さんには脳神経外科の血管内治療にスムーズに移行できるよう診療体制を組んでいます。当院は脳神経外科とあわせた神経疾患の患者数が全国でも有数の規模であり、かつ診断や治療が困難な症例も多数経験します。これらの患者さんに対して、最新の知見に基づき適切な診断、治療を提供できるよう追求しております。
腫瘍内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
06007xxx9906xx 膵臓、脾臓のがんの化学療法(フルオロウラシル+レボホリナート+イリノテカン+オキサリプラチン) - - 5.87 - -
040040xx99040x 肺がんの化学療法(その他) - - 9.59 - -
090010xx99x30x 乳がんの化学療法(その他) - - 6.66 - -
060020xx99x00x 胃がんの治療 - - 10.79 - -
060010xx99x40x 食道がん(頸部を含む)の化学療法(その他) - - 9.34 - -
令和元年度の腫瘍内科への入院はDPCコードの主病名の臓器が異なっており、いずれも10件未満となりました。多臓器にわたっています。副作用の強い化学療法(膵臓がんのFOLFIRINOX療法)、その他の肺がん、乳がん、胃がん、食道がんは遠方からの来院であったり、高齢のためハイリスク症例で治療後の有害事象の観察を要するために入院して治療したと考えられます。また化学療法を行っていない患者さんは消化器系のがんで経口摂取が出来ず緩和ケアあるいは在宅緩和ケアへの移行期間の入院と考えられます。
呼吸器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040040xx99040x 肺がんの化学療法(その他) 119 6.22 9.59 0.00% 67.84 化学療法を受けられる患者様の治療計画書
040040xx9910xx 肺がんの検査 38 2.16 3.34 0.00% 70.61 気管支ファイバー検査で入院される患者様へ
040040xx9900xx 肺がんの治療 22 18.27 14.62 18.18 73.27
040040xx99070x 肺がんの化学療法(ペメトレキセドナトリウム水和物) 20 6.55 10.50 0.00% 70.20 化学療法を受けられる患者様の治療計画書
040110xxxxx0xx 間質性肺炎の治療 17 18.12 18.84 5.88% 69.18
呼吸器内科の最も多い疾患は肺癌になります。なかでも種々の抗がん剤による化学療法が主体ですが、そのほか放射線との併用療法、放射線のみの治療も行っており、緩和療法なども組み合わせながら集学的に治療しています。特定の遺伝子異常を有する肺癌には、分子標的薬による治療や、最近注目されている癌免疫療法も、効果が期待できる場合には行っています。
肺癌以外では、肺炎等の呼吸器感染症、慢性閉塞性肺疾患、間質性肺炎が多いです。
消化器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060100xx01xx0x 小腸大腸の良性疾患の治療(内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術) 442 3.98 2.63 0.23% 65.10 大腸ポリープ手術用パス(内視鏡)3日間
大腸ポリープ手術用パス(内視鏡)4日間
大腸ポリープ手術用パス(内視鏡)5日間
060102xx99xxxx 穿孔または膿瘍を伴わない憩室性疾患の治療 68 9.40 7.65 1.47% 62.35
060340xx03x00x 胆管(肝内外)結石、胆管炎の治療(限局性腹腔膿瘍手術等) 62 12.95 9.79 6.45% 73.35 胆管結石・胆管炎パス(内視鏡)
060050xx97x00x 肝・肝内胆管がん(続発性を含む。)の治療 62 14.63 10.25 0.00% 73.18 肝動脈化学塞栓術(TACE)パス
060020xx04x0xx 胃がんの治療(内視鏡的胃、十二指腸ポリープ・粘膜切除術) 54 8.39 8.27 0.00% 71.37 胃内視鏡手術パス
消化器内科では、大腸のポリープや早期がんなど、大腸腫瘍の内視鏡治療が最も多くなっています。また、胃や十二指腸でも大腸と同様、早期がんに対して内視鏡治療が行われています。最近では粘膜下層剥離術が増加しています。
わが国では20%以上の人が大腸に憩室があると言われています。大腸の憩室は細菌感染などにより憩室炎を起こすことがあり、穿孔や膿瘍を形成すると重篤化するため、抗生物質を使って治療します。右側大腸の憩室炎では急性虫垂炎との鑑別が重要になります。
胆管結石や胆管炎は高齢者に多く、近年増加している疾患です。当科では内視鏡を使って、十二指腸にある胆管の開口部(十二指腸乳頭)から、原因となっている結石や膿みを取り除く治療を行っています。
肝臓がんでは肝硬変など様々な肝疾患を合併することが多く、肝臓の状態に合わせ最適な治療法を選択する必要があります。主な治療法としては、カテーテルを使って肝臓がんへの栄養を遮断する選択的動脈化学塞栓術や、がんをラジオ波による発熱によって凝固壊死させるラジオ波焼灼術などがあります。
循環器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050050xx99100x 狭心症、慢性虚血性心疾患の心臓カテーテル検査 94 3.56 3.01 2.13% 67.06 心臓カテーテル検査パス(橈骨動脈用)
心臓カテーテル検査パス(大腿動脈用)
心臓カテーテル検査パス(橈骨動脈&大腿動脈用)
050070xx01x0xx 頻脈性不整脈の治療(経皮的カテーテル心筋焼灼術) 71 6.89 5.02 0.00% 62.34 アブレーション治療用パス
050050xx02000x 狭心症、慢性虚血性心疾患の治療(経皮的冠動脈形成術等) 52 6.48 4.40 0.00% 67.44 経皮的冠動脈形成術パス(大腿動脈用)
経皮的冠動脈形成術パス(橈骨動脈用)
050070xx99000x 頻脈性不整脈の治療 40 12.93 7.56 2.50% 74.85
050210xx97000x 徐脈性不整脈の治療(ペースメーカー移植術等) 37 12.41 10.80 2.70% 73.68 ペースメーカー植え込み術クリティカルパス
ペースメーカー電池交換術クリティカルパス
当院循環器内科では、胸部症状のある方に対して外来でトレッドミル検査、冠動脈CTなどでスクリーニングを行いつつ、入院で心臓カテーテル検査を行っています。冠動脈に異常が見られない場合には右心カテーテル、心筋生検などを同時に行い、心疾患の原因精査を行います。現在では複数の冠動脈に異常が見られる方が増加しており、狭窄部位の遠位部と近位部の圧を比較する検査(FFR)、心筋シンチ、ドブタミン負荷エコーなどを行いながら慎重に治療適応を決定し冠動脈形成術を行います。最近では高齢化に伴い、心房細動に対する経皮的カテーテル心筋焼灼術の症例数が増加しております。
小児科(新生児科含む)
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040090xxxxxx0x 急性気管支炎、急性細気管支炎、下気道感染症の治療 208 5.69 6.19 0.00% 1.32 肺炎パス
080270xxxx1xxx 食物アレルギーの検査 171 1.22 2.15 0.00% 3.25 食物負荷試験パス
040070xxxxx0xx インフルエンザ、ウイルス性肺炎の治療 78 5.63 5.73 1.28% 2.65 肺炎パス
0400801199x00x 肺炎等(1歳以上15歳未満)の治療 71 6.03 5.69 0.00% 4.61 肺炎パス
060380xxxxx0xx ウイルス性腸炎の治療 54 4.31 5.39 0.00% 3.19 急性胃腸炎パス
小児科では急性気管支炎や急性細気管支炎など下気道疾患の入院が多くなっています。
次に多いのは食物アレルギーの検査入院ですが、当科にはアレルギー専門医がおり当院の患者のみならず市内の開業医および病院の先生方から紹介された患者さんについても経口食物負荷試験を実施しています。
3、4番目は、インフルエンザ、RSV、ヒトメタニューモウイルス、マイコプラズマ、細菌感染に伴う肺炎がとなっています。
次いでノロウイルス、ロタウイルス、アデノウイルスなどのウイルス性胃腸炎の患者となっており、高度脱水症や低血糖症、けいれん、腸重積症などを伴った重症な患者も多く入院しています。
外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060160x001xxxx 鼠径ヘルニア(15歳以上)の治療(鼠径ヘルニア手術等) 65 5.43 4.85 0.00% 68.14 ヘルニアパス(全麻)
ヘルニアパス(腰麻)
ヘルニアパス(経口補水)
060035xx01000x 結腸がん(虫垂を含む)の治療(結腸切除術等) 62 15.24 15.02 6.45% 72.32 開腹大腸切除(ストーマなし)パス
大腸切除(ストーマあり)パス
腹腔鏡下大腸切除(ストーマなし)パス
060330xx02xxxx 胆嚢疾患(胆嚢結石など)の治療(腹腔鏡下胆嚢摘出術等) 61 5.98 6.37 0.00% 58.93 腹腔鏡下胆摘パス
060335xx02000x 胆嚢水腫、胆嚢炎の治療(腹腔鏡下胆嚢摘出術等) 50 6.66 7.13 2.00% 60.62 腹腔鏡下胆摘パス
060020xx02x00x 胃がんの治療(胃切除術 悪性腫瘍手術等) 39 16.74 16.12 0.00% 69.49 胃切除術パス
DPCコード別による症例数の分類では、昨年第2位であった鼠径ヘルニアが第1位に順位を上げました。最近は全身麻酔下の腹腔鏡下ヘルニア根治術が第一選択になることが多くなり、今後も増加することが予想されます。
前年第3位だった結腸癌が第2位に更に順位を上げました。全国的に大腸癌の患者さんが増えてきているため、当科でも手術症例が増える傾向にあると考えます。当科ではガイドラインに準じた適切な治療法を実施しております。
第3位に胆嚢結石症、第4位には胆嚢炎がランクインしましたが、例年とほぼ同じ傾向と思われます。当科では、胆石胆嚢炎に対して最新の“東京ガイドライン”に沿った治療を進めており、そのために早期の(腹腔鏡下)胆嚢摘出術を積極的に行っていることがこのデータに現れているものと思われます。
第5位には昨年には見られなかった胃がんの治療がランクインしました。胃がんの手術のみならず、化学療法のための入院が増えてきたためと考えられます。
乳腺外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
090010xx01x0xx 乳がんの治療(乳房切除術(腋窩部郭清を伴わないもの)等) 66 12.03 10.34 0.00% 60.65 乳癌手術用パス(リンパ節郭清術)
乳癌手術用パス(リンパ節生検術)
090010xx02x0xx 乳がんの治療(乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴わないもの)) 52 5.63 6.10 0.00% 60.65 乳癌手術用パス(リンパ節生検術)
090010xx99x4xx 乳がんの治療(パクリタキセル等) 22 2.00 4.25 0.00% 47.59
090010xx97x0xx 乳がんの治療(皮膚悪性腫瘍手術等) - - 6.48 - -
090010xx04xxxx 乳がんの治療(組織拡張器による再建手術等) - - 8.03 - - 乳房再建術用パス
当科では乳癌を中心に診療を行っています。手術に関しては、乳房を極力温存するのが基本ですが、乳房全摘が必要な場合は、なるべく同時に乳房再建を行うことにしています。入院期間は腋窩リンパ節郭清を行わなければ温存手術で術後2日、乳房全摘手術で術後約7日です。また、腋窩リンパ節郭清を行った場合は術後2週間です。また、化学療法に関しては、脱毛対策に力を入れており、美容専門家も含むチームで患者支援を行っています。
整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
070343xx97x1xx 腰部脊柱管狭窄(脊椎症を含む)の治療(椎弓切除術、椎弓形成術等) 51 24.94 19.86 7.84% 73.76
160800xx01xxxx 股関節・大腿近位骨折の治療(人工骨頭挿入術等) 31 20.61 25.94 74.19% 74.19
070341xx020xxx 頸部脊柱管狭窄(脊椎症を含む)の治療(脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術等) 29 26.24 20.26 17.24% 67.28
160760xx97xxxx 前腕の骨折の治療(骨折観血的手術等) 18 4.50 5.54 0.00% 43.78
070343xx01x1xx 脊柱管狭窄(脊椎症を含む)の治療(後方又は後側方固定等) 17 27.71 26.15 0.00% 69.59
腰部脊柱管狭窄症に対しては椎弓形成術などの除圧術と、除圧に加えて固定を併用する脊椎固定術を患者さんそれぞれの病態に応じて使い分けています。変形や不安定性を治療対象とすべき場合には脊椎固定術を選択しています。頚椎症性脊髄症の治療では多くの場合椎弓形成術を選択します。しかし、変形や不安定性が著しい場合には脊椎固定術を選択することもあります。急速進行性麻痺や重症麻痺では早期手術を心掛けています。
股関節周囲の骨折に対しては骨折の部位と転位の程度により骨接合術と人工骨頭挿入術を使い分け行っています。手術を行う場合には待機期間中の肺炎、褥瘡、尿路感染、深部静脈血栓、認知症などの併発を防ぐため可能な限り早期の手術(目安として48時間以内)を心掛けています。
形成外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
140190xx97xxxx 小耳症・耳介異常・外耳道閉鎖の治療(耳介形成手術等) 20 8.25 12.77 0.00% 8.90
140490xx970xxx 手足先天性疾患の治療(多指症手術等) 15 3.00 7.53 0.00% 2.13
160780xx97xx0x 手関節周辺の骨折・脱臼の治療(骨折観血的手術等) 14 2.71 4.11 0.00% 37.00
160200xx0200xx 顔面損傷(口腔、咽頭損傷を含む)の治療(鼻骨骨折整復固定術等) 13 7.15 5.26 0.00% 46.62
070200xxxxxxxx 手関節症(変形性を含む。)の治療 10 4.50 7.95 0.00% 66.00
当院は宮城県内有数の救命救急センターを有し、積極的に外傷診療に当たっております。救急科、脳神経外科、外科、整形外科、麻酔科、歯科口腔外科そして当科によるチーム医療により、より高度な多発外傷の治療が可能です。
形成外科は顔面外傷とりわけ顔面骨骨折の手術を担当しており、宮城県内でも最も多い症例数です。また、手外科分野においては整形外科ではなく当科が担当しており、外傷や変性疾患など多岐に扱っております。特に手足の先天異常は東北大学病院より当院に移管され、力を入れて診療しており、東北一の症例数です。耳の先天異常、特に小耳症治療においても東北で最も多い症例数です。
脳神経外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010030xx9910xx 未破裂脳動脈瘤の検査 149 2.99 3.01 0.00% 61.34 脳血管撮影検査パス(1泊2日用)
脳血管撮影検査パス(2泊3日用)
160100xx97x00x 頭蓋・頭蓋内損傷の治療(慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術等) 57 11.35 9.67 26.32% 76.51
010040x099000x 非外傷性頭蓋内血腫の治療 54 22.11 18.81 66.67% 65.11 脳出血パス
010030xx03x00x 未破裂脳動脈瘤の治療(脳血管内手術) 46 11.85 9.24 2.17% 64.50 動脈瘤内塞栓術パス
010010xx01x00x 脳腫瘍の治療(頭蓋内腫瘍摘出術等) 41 21.66 21.14 14.63% 58.02
当院は脳卒中センター、救命救急センターを有しており神経救急、外傷救急を多く治療する基幹施設となっています。脳神経外科では脳血管障害、頭部・脊椎外傷などの急性期治療の他に、開設以来、多くの脳腫瘍の集学的治療を行っています。
脳神経外科の患者数では脳動脈瘤に対する検査のための入院が最も多く、この大部分はコイル塞栓術などの血管内手術前後の経過を見るための入院です。
当科では脳動脈瘤の治療は血管内治療を第一選択としています。症例により治療法を吟味し開頭手術、血管内手術を選択しています。非外傷性頭蓋内血腫の治療(主に脳内血腫)、頭蓋・頭蓋内損傷の治療(慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術等)、未破裂脳動脈瘤の治療(脳血管内手術)の順となっています。その他、救命救急センターを有する当院の脳外科として積極的に救急患者を受け入れており、頭部外傷の症例を多く治療しています。
また、県内全域より脳腫瘍の患者さんをご紹介いただき治療にあたっています。急性期の治療後、継続的なリハビリテーションの必要な患者さんは専門施設に転院し治療を継続していただいています。
呼吸器外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040040xx97x0xx 肺がんの治療(胸腔鏡下肺悪性腫瘍手術等) 102 12.39 11.51 0.00% 68.14 肺の手術を受ける患者様の入院治療スケジュール
040040xx9910xx 肺がんの検査 24 2.50 3.34 0.00% 73.00 気管支ファイバー検査で入院される患者様へ
040200xx99x00x 気胸の治療 19 6.53 9.11 0.00% 42.53
040200xx01x00x 気胸の治療(胸腔鏡下肺切除術等) 16 7.13 10.18 0.00% 30.13 自然気胸の手術を受ける患者様の入院治療スケジュール
040040xx99040x 肺がんの化学療法(その他) 15 8.13 9.59 0.00% 68.20 化学療法を受けられる患者様の治療計画書
呼吸器外科で行っている手術のおよそ6割が肺癌の手術になります。入院期間は12日(術後10日)程度で他の病院に比べると、やや長めです。患者様の要望(体の回復状況やご家族の都合)に応えた結果です。回復が早ければ、もちろん早期退院は可能です。また当科で手術した患者様は最後まで責任を持って診させていただいておりますので、術後の追加治療(再発予防の抗癌剤治療)や再発治療(抗癌剤治療や放射線治療)も行っております。入院での抗癌剤治療の多くは3〜10日間程度の短期入院となっております。
肺癌以外の手術症例としましては、縦隔腫瘍や胸壁腫瘍、肺良性腫瘍、気胸、膿胸などがあります。気胸手術は全例が胸腔鏡手術を行っており、術後3〜4日で退院となります。
心臓血管外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050080xx01010x 弁膜症(連合弁膜症を含む)の治療(弁形成術、弁置換術等) - - 23.77 - - 心臓手術パス
050163xx02x10x 非破裂性大動脈瘤、腸骨動脈瘤の治療(腹部大動脈の大動脈瘤切除術(吻合又は移植を含む)等) - - 19.82 - - 心臓手術パス
050161xx97x10x 解離性大動脈瘤の治療(弁置換術等) - - 27.88 - - 心臓手術パス
050161xx97x11x 解離性大動脈瘤の治療(弁置換術等・肺炎合併あり等) - - 44.26 - - 心臓手術パス
050050xx0101xx 狭心症、慢性虚血性心疾患の治療(冠動脈、大動脈バイパス術等) - - 22.71 - - 心臓手術パス
令和元年度の手術総数(開心術、末梢血管)は30件でした。弁膜症関連手術が1/3、大動脈関連手術が約半分を占めております。
小児外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060160x101xxxx 鼠径ヘルニア(15歳未満)の治療(鼠径ヘルニア手術等) 66 2.35 2.81 0.00% 4.17 ソケイヘルニアパス
140590xx97xxxx 停留精巣の治療(停留精巣固定術等) 10 2.30 3.13 0.00% 2.30 停留精巣パス
060170xx02xxxx 閉塞、壊疽のない腹腔のヘルニアの治療(臍ヘルニア手術等) - - 8.05 - - 臍ヘルニアパス
060370xx97000x 腹膜炎、腹腔内膿瘍(女性器臓器を除く。)の治療(急性汎発性腹膜炎手術等) - - 19.97 - - 急性虫垂炎パス
060150xx03xxxx 虫垂炎の治療(虫垂切除術等) - - 5.45 - - 急性虫垂炎パス
小児外科の入院は、鼠径ヘルニア、停留精巣、臍ヘルニアなど、生まれつきの病気の手術を受ける患者さんが大半です。その他、小児の虫垂炎手術の患者さんも小児外科に入院します。
皮膚科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
080020xxxxxxxx 帯状疱疹の治療 22 8.77 9.00 0.00% 70.50 帯状疱疹パス
080010xxxx0xxx 膿皮症の治療 17 7.24 12.55 0.00% 53.53 蜂窩織炎パス
丹毒パス
080007xx010xxx 皮膚良性腫瘍の治療(皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部)等) 13 5.92 4.01 0.00% 48.31
080006xx01x0xx 皮膚がん(黒色腫以外)の治療(皮膚悪性腫瘍切除術等) 10 11.10 7.90 0.00% 72.40
080100xxxx0xxx 薬疹、中毒疹の治療 - - 10.81 - -
当科では重症もしくは難治な皮膚疾患の患者さんに対して質の高い医療を提供しており、結果として入院を要する病気や手術が必要な疾患を主体に治療しています。皮膚疾患は皮膚腫瘍、熱傷や褥瘡などの外傷性皮膚疾患、皮膚や皮下の感染症、自己免疫水疱症、アトピー性皮膚炎や乾癬などの炎症性皮膚疾患など多岐にわたりますが、入院患者さんで多いのは皮膚腫瘍と感染症です。皮膚腫瘍は良性の腫瘍と悪性の腫瘍があり、良性の皮膚腫瘍は患者さんの希望により手術で治療することもあり、一方悪性の皮膚腫瘍の場合は手術による治療が最も多いのですが手術以外に抗がん剤や放射線治療も行うことが有ります。感染症ではウイルス性の感染症と細菌性の感染症があり、ウイルス性感染症では帯状疱疹が最も多く抗ウイルス剤での治療が主体となり、細菌性感染症は蜂窩織炎と丹毒が多く抗菌薬(抗生物質)での治療が主体となっています。
泌尿器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110080xx01xxxx 前立腺がんの治療(前立腺悪性腫瘍手術等) 98 12.84 12.18 0.00% 68.18 前立腺全摘除術(補水対象)パス
前立腺全摘除術(補水対象外)パス
110070xx99x20x 膀胱がんの化学療法(その他) 80 17.73 10.65 0.00% 69.90 膀胱癌(GEM+CDDP)化学療法パス
膀胱癌(GEM+CBDCA)化学療法パス
110070xx02020x 膀胱がんの治療(経尿道的膀胱悪性腫瘍手術+エピルビシン等) 57 8.14 7.25 0.00% 74.09 経尿道的膀胱がん手術(補水対象)パス
経尿道的膀胱がん手術(補水対象外)パス
110080xx9903xx 前立腺がんの化学療法(ドセタキセル等) 54 6.30 14.52 0.00% 66.41 2泊3日化学療法パス
110080xx9905xx 前立腺がんの化学療法(カバジタキセル アセトン付加物) 51 6.80 9.79 0.00% 69.69 4泊5日化学療法パス
前立腺がんは近年急速に増加し、現在では男性のがん罹患数の第1位となっています。治療に当たっては、腫瘍マーカーであるPSA値、病理組織評価(グリソンスコア)、画像検査によって、癌の進行具合や状態を把握し、患者さん個々に最適な医療を提供するようにしております。早期に転移が無い状態で見つかった前立腺癌は、手術や放射線治療などで根治を目指します。当院では出血量が少なく、低侵襲なロボット支援下手術で行っており、安定した手術成績であるため、紹介が多くなっております。また、残念ながら転移のある状態で有った場合には、従来のホルモン療法や抗癌剤(ドセタキセルやカバジタキセル)などを、患者さんやご家族と十分に相談の上、行っております。
膀胱がんは膀胱の中にできる癌で、血尿などの症状で発見されることが多いです。根が浅い癌の場合には内視鏡手術で治療可能ですが、膀胱の深くまで癌が浸潤したり、転移がある状態で見つかる場合もあります。その場合には膀胱をすべて摘出する手術や抗がん剤による治療などが必要になります。最近、手術はロボット支援下手術が可能となり、低侵襲な治療となってきており、また抗癌剤だけでは無く免疫を活性化する薬剤も使えるようになり、治療方法のオプションが増えてきました。
産科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
120180xx01xxxx 既往帝王切開分娩後の帝王切開分娩 163 10.21 9.66 0.00% 34.28 帝王切開パス
120170xx99x0xx 早産、切迫早産の治療 64 21.02 19.06 12.50% 32.95
120260xx01xxxx 分娩の異常による帝王切開分娩 49 9.02 9.53 0.00% 33.37 帝王切開パス
120150xx99xxxx 妊娠早期の出血の治療 22 10.32 11.57 9.09% 32.14
120165xx99xxxx 娠合併症等の治療 17 13.41 11.79 0.00% 31.59
入院患者数で最も多いのは帝王切開に関連したものです。帝王切開となる理由は様々ですが、最も多いのは以前に帝王切開で分娩した既往のある方に対する帝王切開であり、次いで分娩停止や胎児機能不全など分娩進行中に生じた異常に対処するためのものとなっております。その他、流産・早産の兆候を始め妊娠中の異常に対する入院治療を行っています。
帝王切開以外では、早産しかかっている妊婦の妊娠期間延長のための入院が多くなっています。
婦人科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
12002xxx99x40x 子宮頸・体部がんの化学療法(その他) 83 4.71 4.58 1.20% 57.64
120070xx02xxxx 卵巣良性腫瘍の治療(腹腔鏡による卵巣部分切除術(腟式を含む)等) 69 6.09 6.21 0.00% 42.61 腹腔鏡下手術パス(経口補水療法対象)
腹腔鏡下手術パス(モビプレップ内服対象)
120060xx02xxxx 子宮良性腫瘍の治療(腹腔鏡下腟式子宮全摘術等) 69 6.68 6.09 0.00% 43.32 腹腔鏡下手術パス(経口補水療法対象)
腹腔鏡下手術パス(モビプレップ内服対象)
12002xxx02x0xx 子宮頸・体部がんの治療(子宮頸部(腟部)切除術等) 69 3.13 3.13 0.00% 41.26 子宮頸部円錐切除術パス
120060xx01xxxx 子宮良性腫瘍の治療(子宮全摘術等) 62 9.39 9.71 0.00% 46.44 開腹手術パス(経口補水療法対象)
開腹手術パス(モビプレップ内服対象)
婦人科領域で扱う疾患として、婦人科悪性腫瘍が増加しており、手術、化学療法など症例に応じた集学的治療が行われています。平均の在院日数、対象となる患者の平均年齢についても全国平均を鑑みて同水準といえます。また、現在婦人科の良性、悪性疾患ともに腹腔鏡下手術も積極的に取り入れて、治療を行っています。転院例はなく当科に紹介、搬送された患者について治療を完結させている状況です。
眼科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
020110xx97xxx0 白内障、水晶体の治療(水晶体再建術(片眼)等) 136 4.08 2.78 0.00% 71.59 白内障パス
白内障パス(全麻)
先天性白内障パス
020150xx97xxxx 斜視(外傷性・癒着性を除く。)の治療(斜視手術等) 71 4.11 3.17 0.00% 15.76 斜視パス
眼瞼下垂・斜視・内反症パス
020320xx97xxxx 眼瞼、涙器、眼窩の治療(眼瞼内反症手術等) 21 3.19 3.27 0.00% 25.14 眼瞼下垂・内反症パス
眼瞼腫瘍パス
眼瞼下垂・斜視・内反症パス
020230xx97x0xx 眼瞼下垂の治療(眼瞼下垂症手術等) 20 3.00 3.10 0.00% 70.80 眼瞼下垂・内反症パス
020230xx97x1xx 眼瞼下垂の治療(眼瞼下垂症手術(全身麻酔)等) - - 4.96 - - 眼瞼下垂・斜視・内反症パス
眼科では、第一位が白内障手術、第二位が斜視手術で、眼瞼等の手術がその次に多くなっています。特に斜視の手術は東北地方では有数の手術数を誇っています。令和元年度の斜視手術件数は98件で約3/4が小児で、全身麻酔で施行され、高校生以上は局所麻酔の手術が多数を占め、大部分が外来での手術でした。また眼瞼の手術では眼瞼内反症手術が多く、次いで眼瞼下垂症手術で、その他は眼瞼・眼窩腫瘍手術も行われていました。当院では、特に小児の眼科疾患の治療に力を入れており、手術件数の約1/3が小児で占められています。
耳鼻咽喉科・頭頸部外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
030240xx99xxxx 扁桃周囲膿瘍、急性扁桃炎、急性咽頭喉頭炎の治療 67 5.06 5.45 0.00% 35.75 扁桃炎パス(セフィローム)
扁桃炎パス(スルバシリン)
030390xx99xxxx 顔面神経障害の治療 42 8.79 9.13 0.00% 56.07 顔面神経麻痺パス
顔面神経麻痺(ハント症候群)パス
030240xx01xxxx 扁桃周囲膿瘍、急性扁桃炎、急性咽頭喉頭炎の治療(扁桃周囲膿瘍切開術等) 40 5.45 7.76 0.00% 35.18 扁桃炎パス(セフィローム)
扁桃炎パス(スルバシリン)
030428xxxxxxxx 突発性難聴の治療 37 7.03 8.93 0.00% 58.73 突発性難聴・急性感音難聴パス
030150xx97xxxx 耳・鼻・口腔・咽頭・大唾液腺良性腫瘍の治療(耳下腺腫瘍摘出術等 34 7.09 7.24 0.00% 55.50 耳下腺・顎下腺良性腫瘍パス
当院の耳鼻咽喉科頭頸部外科では、急性扁桃炎、扁桃周囲膿瘍を多く扱っております。感染症の平均在院日数は5.06日で、扁桃周囲膿瘍の切開等が行われた場合には5.45日となります。顔面神経麻痺や突発性難聴も多く治療しており平均在院日数はそれぞれ8.79日、7.03日でした。各種良性腫瘍の手術例の平均在院日数は7.09日でした。
救急科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
161070xxxxx00x 薬物中毒の治療 34 2.59 3.52 5.88% 41.50
160100xx99x00x 頭蓋・頭蓋内損傷の治療 22 5.36 7.34 9.09% 49.00
161020xxxxx00x 体温異常の治療 13 5.08 5.83 0.00% 68.15
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎の治療 13 20.54 20.84 53.85% 78.38
160980xx99x0xx 骨盤損傷の治療 - - 19.59 - -
薬物中毒症例の大多数を占めるのは抗不安薬、向精神薬等の大量服薬によるものであります。昏睡状態、呼吸障害、ショック状態など、重篤な状態で搬送される患者さんも見られますが、適切な呼吸・循環管理により軽快退院となります。再発に至らぬよう、精神科との連携が重要となります。少数ではありますが、生命危機に瀕する重篤な症例で、高度の集中治療を要することもあります。
頭部外傷症例は、保存的治療で対応可能な患者さんから、手術を要する症例、更に多系統に重大損傷を有する多発外傷症例まで、幅広い病態に対応しています。多発外傷症例では、複数診療科と連携して治療に当たります。近年の傾向として、転倒により受傷した高齢の患者さんが増加しています。
近年の気候変動に伴う夏季の猛暑により熱中症症例が増加しています。また、熱中症・低体温症ともに、高齢の方の屋内発症が多く見られています。
誤嚥性肺炎は、嚥下障害をきたした高齢の患者さんでの発症が高い割合を占めています。経口の食事摂取が困難であるため、嚥下リハビリテーションを行いつつ継続療養のための転院調整を要することが多く、入院期間が長くなる傾向にあります。
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 112 13 27 26 - 33 1 8
大腸癌 60 38 78 39 - 47 1 8
乳癌 51 65 16 11 - 26 1 8
肺癌 70 30 44 43 - 308 1 8
肝癌 14 6 7 - - 91 1 8
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
令和元年度の当院の5大癌の初発のStage別患者では、大腸癌が215名と最も多くなりました。昨年、一昨年は肺癌が多く、がん患者の臓器別罹患数の変遷に伴う傾向もあるかと考えられます。再発肺癌は再発癌の中では圧倒的に多く、当院では昨年、一昨年の初発症例の多いことが関連していると考えられます。それ以外の臓器別では、大腸癌に続いて肺癌>胃癌>乳癌>肝癌の順でした。初発の症例は5大癌で平成30年度784名から令和元年度750名とわずかに減少しました。
Stage別の傾向としては、例年通り胃癌がStage Iが多く大腸癌・肺癌はStage III, IVが多いです。全体数では肝癌の初発症例が27例と少なく、この傾向が続くと考えればB型肝炎、C型肝炎の治療薬の影響が統計上にも反映されてきていることが示唆されます。肝癌の再発症例の数は平成30年度と同じでした。その他の癌の再発症例は例年とほぼ変わらない傾向でした。
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症 24 8.08 57.46
中等症 21 20.52 80.33
重症 58 16.19 73.55
超重症 10 16.00 82.20
不明 - - -
患者数が最も多いのは重症の患者さんです。軽症以外は平均年齢も高くなり、平均在院日数も長くなります。
脳梗塞の患者数等ファイルをダウンロード
発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
3日以内 228 27.52 72.21 46.74%
その他 33 30.58 69.12 7.28%
脳梗塞を中心とする閉塞性脳血管障害の分類です。その多くを脳卒中センターで脳神経外科と脳神経内科が担当しています。脳血管内手術や開頭手術などは脳神経外科が担当しています。
I63$(脳梗塞)に分類される症例の多くは3日以内の急性期脳梗塞であり全体の88%を占めています。平均入院期間は約30日間で治療とリハビリテーションを行い半数以上の方が自宅もしくは施設に帰られ、その他の方は継続的なリハビリのため専門病院に転院されています。救急搬送症例に対して24時間体制で薬物療法、血管内手術、観血的手術を適切に提供しています。
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
血液内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K6112 抗悪性腫瘍剤静脈内持続注入用植込型カテーテル設置(四肢) 20 16.55 14.85 0.00% 66.85
K9212ロ 造血幹細胞採取(末梢血幹細胞採取)(自家移植) 12 19.00 9.75 0.00% 58.50
K6261 リンパ節摘出術 長径3センチメートル未満 - - - - -
K6181 中心静脈注射用植込型カテーテル設置(四肢) - - - - -
K331 鼻腔粘膜焼灼術 - - - - -
当科では多くの症例に対し化学療法を行いますが、末梢静脈から抗腫瘍剤を投与する場合、血管外漏出に対する対策が必要になります。これに対し多くの症例で中心静脈内に埋め込み型カテーテルを挿入し、血管外漏出の予防に努めています。
自家末梢血幹細胞移植は初発の若年者多発性骨髄腫、また再発の悪性リンパ腫に対する標準的治療法と考えられており、当科でも多くの症例に対し実施しています。
悪性リンパ腫の診断にはリンパ節生検が重要であり、当科でも診断目的に摘出生検を外科系診療科に依頼のうえ行っています。
出血傾向を認める患者の合併症の一つに鼻出血があり、耳鼻科に依頼のうえ止血処置を行うことがあります。
腫瘍内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K6112 抗悪性腫瘍剤静脈内持続注入用植込型カテーテル設置(四肢) 18 5.94 10.78 0.00% 64.89
K688 内視鏡的胆道ステント留置術 - - - - -
K654 内視鏡的消化管止血術 - - - - -
K635 胸水・腹水濾過濃縮再静注法 - - - - -
K664 胃瘻造設術(経皮的内視鏡下胃瘻造設術、腹腔鏡下胃瘻造設術を含む。) - - - - -
令和元年度の腫瘍内科の手術症例の患者さんは、内科系ではありますが抗がん剤の安全な投与を目的とした抗悪性腫瘍薬静脈内持続注入用埋め込み型カテーテル設置術が18件と最も多くなりました。埋め込み部位は四肢が多くなっており、多くの場合に1コース目の化学療法を行ってから退院されるために術前・術後の在院日数が上記のような結果となりました。
その他の入院はいずれも10件未満であり、内視鏡的胆道ステント留置術は膵胆道の悪性腫瘍あるいは肝門部へのリンパ節転移などの閉塞性黄疸の治療のため、また内視鏡的消化管止血術は消化管がんからの出血性貧血の治療のための入院です。
昨年一番多かった胸水・腹水濾過濃縮再静注法(CART)は対象となる患者さんが少なかったため件数が減っています。
進行食道癌、進行頭頸部癌などの上部消化管狭窄で経口摂取困難な患者さんに対して胃瘻造設術の手術症例が例年より多くありました。
消化器内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術 長径2センチメートル未満 445 1.04 2.04 0.00% 66.27 大腸ポリープ手術用パス(内視鏡)3日間
大腸ポリープ手術用パス(内視鏡)4日間
大腸ポリープ手術用パス(内視鏡)5日間
K6152 血管塞栓術(頭部、胸腔、腹腔内血管等) 選択的動脈化学塞栓術 64 2.55 11.61 0.00% 73.66 肝動脈化学塞栓術(TACE)パス
K7212 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術 長径2センチメートル以上 62 1.23 2.63 1.61% 64.48 大腸ポリープ手術用パス(内視鏡)3日間
大腸ポリープ手術用パス(内視鏡)4日間
大腸ポリープ手術用パス(内視鏡)5日間
K6532 内視鏡的胃、十二指腸ポリープ・粘膜切除術 早期悪性腫瘍粘膜下層剥離術 53 1.64 5.77 0.00% 71.81 胃内視鏡手術パス
K688 内視鏡的胆道ステント留置術 51 4.78 13.75 9.80% 75.16 胆管結石・胆管炎パス(内視鏡)
消化器内科では患者さんの身体的負担を軽減するため、内視鏡やカテーテルを使った手術が行われています。その中では、大腸のポリープや早期がんなど、大腸の腫瘍に対する粘膜切除術が最も多くなっています。また、胃や十二指腸でも大腸と同様、早期がんに対して内視鏡治療が行われています。最近では粘膜下層剥離術が増加しています。
選択的動脈化学塞栓術はカテーテルを使った肝臓がんの治療です。足の付け根の血管(大腿動脈)からカテーテルを挿入して肝臓まで進め、がんのすぐ手前から抗がん剤を流し込み、さらに血管を塞いでがんに酸素や栄養などが届かなくする治療です。
内視鏡的胆道ステント留置術は、胆汁の流れ道である胆管が閉塞してしまい、黄疸や胆管炎になった患者さんに対し行われる治療です。ステントと呼ばれるチューブを詰まってしまった胆管に通し、胆汁が再び流れるようにします。
循環器内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K5951 経皮的カテーテル心筋焼灼術 心房中隔穿刺又は心外膜アプローチを伴うもの 48 3.31 3.35 0.00% 66.25 アブレーション治療用パス
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術 その他のもの 42 5.24 4.38 2.38% 67.52 経皮的冠動脈形成術パス(大腿動脈用)
経皮的冠動脈形成術パス(橈骨動脈用)
K5972 ペースメーカー移植術 経静脈電極の場合 26 3.38 10.35 7.69% 76.12 ペースメーカー植え込み術クリティカルパス
K5952 経皮的カテーテル心筋焼灼術 その他のもの 25 2.48 2.48 0.00% 54.76 アブレーション治療用パス
K5463 経皮的冠動脈形成術 その他のもの 15 1.00 2.00 0.00% 70.13 経皮的冠動脈形成術パス(大腿動脈用)
心房中隔穿刺アプローチによる経皮的カテーテル心筋焼灼術により、発作性心房細動の方のみならず慢性心房細動の方の生活の質が向上します。薬物ではコントロールの難しい不整脈もあり、カテーテルでの手術はお勧めしやすい治療です。救急車で搬送される急性心筋梗塞に対する緊急カテーテル治療は24時間体制で行っており、特に高齢によって起こる徐脈に対するペースメーカ治療も積極的に行っております。
小児科(新生児科含む)
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K9131 新生児仮死蘇生術 仮死第1度のもの 24 0.00 23.54 8.00% 0.00
K300 鼓膜切開術 10 2.60 3.40 0.00% 0.70
K9132 新生児仮死蘇生術 仮死第2度のもの - - - - -
K7151 腸重積症整復術 非観血的なもの - - - - -
K745 肛門周囲膿瘍切開術 - - - - -
小児科では在胎30週以降、出生体重1,000g以上の低出生体重児を幅広く受け入れており、患者数の増加に伴い新生児仮死蘇生術を施す件数も増えています。特に出生体重2.5kg未満の低出生体重児は、生まれてすぐに呼吸ができず徐脈になる場合があり、蘇生が必要な症例の割合が高くなります。
次に多いのは小児科入院中の急性中耳炎の患者が耳鼻科で受ける鼓膜切開術です。
外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 119 1.66 4.18 0.84% 60.49 腹腔鏡下胆摘パス
K719-3 腹腔鏡下結腸悪性腫瘍切除術 49 3.88 11.14 0.00% 71.47 腹腔鏡下大腸切除(ストーマなし)パス
K7193 結腸切除術 全切除、亜全切除又は悪性腫瘍手術 39 5.64 18.18 20.51% 73.13 開腹大腸切除術(ストーマなし)パス
大腸切除(ストーマあり)パス
K634 腹腔鏡下鼠径ヘルニア手術(両側) 37 1.19 2.22 0.00% 63.14 ヘルニアパス(全麻)
ヘルニアパス(経口補水)
K6335 ヘルニア手術 鼠径ヘルニア 27 1.67 4.04 0.00% 75.22 ヘルニアパス(全麻)
ヘルニアパス(腰麻)
ヘルニアパス(経口補水)
術式別にみると、胆嚢結石症と胆嚢炎がDPCで上位にランクインしたことを反映して腹腔鏡下胆嚢摘出術が最多となっております。手術症例数が多いため、外科医の手術手技も安定し、合併症もほとんどありません。
第2位に腹腔鏡下結腸癌手術がランクインされました。昨年同様です。コード別分類でも順位を上げているように、大腸癌の患者数が増加傾向にあることを反映していると考えます。今後も増えていくことが期待されます。
第3位に入った結腸切除術は、結腸癌の増加のみならず、炎症が高度化した結腸憩室炎が膀胱など他臓器と瘻孔を作ったり穿孔を来したりして手術適応になる例が増えたためと考えられます。結腸憩室炎は増加傾向にあることから、手術適応例も増える可能性があります。
第4位には腹腔鏡下鼠径ヘルニア根治術がランクインしました。以前は開腹下で行われていたこれらの手術は近年腹腔鏡下で行われることが一般的になってきました。当科でも同様の傾向といえます。
第5位に鼠径ヘルニア(前方アプローチ)が入りましたが、近年は鼠径ヘルニア手術も全身麻酔下で施行することが多くなりました。患者さんの希望も大きいと思います。
乳腺外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K4762 乳腺悪性腫瘍手術 乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴わないもの) 52 1.88 2.75 0.00% 60.65 乳癌手術用パス(リンパ節生検術)
K4763 乳腺悪性腫瘍手術 乳房切除術(腋窩部郭清を伴わないもの) 44 1.77 7.45 0.00% 62.34 乳癌手術用パス(リンパ節生検術)
K4765 乳腺悪性腫瘍手術 乳房切除術(腋窩鎖骨下部郭清を伴うもの)・胸筋切除を併施しないもの 18 1.72 13.44 0.00% 55.39 乳癌手術用パス(リンパ節郭清術)
K476-4 ゲル充填人工乳房を用いた乳房再建術(乳房切除後) - - - - - 乳房再建術用パス
K475 乳房切除術 - - - - -
当科では乳癌を中心に診療を行っています。手術に関しては、乳房を極力温存するのが基本ですが、乳房全摘が必要な場合は、なるべく同時に乳房再建を行うことにしています。入院期間は腋窩リンパ節郭清を行わなければ温存手術で術後2日、乳房全摘手術で術後約7日です。また、腋窩リンパ節郭清を行った場合は術後2週間です。また、化学療法に関しては、脱毛対策に力を入れており、美容専門家も含むチームで患者支援を行っています。
整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K1426 脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(多椎間又は多椎弓の場合を含む。) 椎弓形成 98 6.34 20.41 12.24% 70.12
K0462 骨折観血的手術 前腕、下腿、手舟状骨 32 2.44 8.66 15.63% 50.84
K1422 脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(多椎間又は多椎弓の場合を含む。) 後方又は後側方固定 27 3.74 33.19 59.26% 67.22
K0461 骨折観血的手術 肩甲骨、上腕、大腿 25 1.56 14.56 60.00% 68.32
K1423 脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(多椎間又は多椎弓の場合を含む。) 後方椎体固定 24 8.92 20.46 8.33% 67.04
腰部脊柱管狭窄症のほか腰椎椎間板ヘルニアも当院で手術する機会の多い疾患です。いずれの病態に対しても可能な限り低侵襲の手術を目指しています。一般的な内視鏡手術のほか、経皮内視鏡を使用したヘルニア摘出も行っています。脊椎外傷(脱臼や脱臼骨折、破裂骨折、非骨傷性脊髄損傷)においては脊髄損傷の2次損傷を可能な限り防ぐ目的で可及的早期の手術(除圧術ないし固定術、あるいは併用手術)を行っています。受傷後48時間以内の手術を目標としていますが、場合によってはさらに超早期手術として6時間以内の手術を目指すこともあります。手術により損傷した脊椎を安定化し早期にリハビリを開始できるようにすることで肺炎や褥瘡などの全身合併症の併発を予防する目的もあります。
股関節周囲骨折以外の四肢骨折も当院で治療する機会の多い疾患です。患部の腫脹(腫れ具合)も手術時期の決定を左右しますが、早期手術と早期のリハビリによって早期の機能回復と社会復帰を目指しています。
形成外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K2961 耳介形成手術 耳介軟骨形成を要するもの 12 1.42 1.50 0.00% 9.67
K1002 多指症手術 骨関節、腱の形成を要するもの 10 1.00 1.10 0.00% 0.90
K288 副耳(介)切除術 10 1.00 0.90 0.00% 3.10
K035 腱剥離術(関節鏡下によるものを含む)(指) - - - - -
K0053 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部) 長径4センチメートル以上 - - - - -
当院は日本形成外科学会認定施設および日本手外科学会基幹施設に認定されております。両者の認定を受けている医療機関は県内で当科のみです。手足の先天異常に力を入れており、手術件数は東北で最も多いとされております。しかも入院期間が全国的にも最も短く、患者様やご家族に負担の少ない医療をつとめております。
脳神経外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K164-2 慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術 64 0.83 12.14 32.81% 78.11
K1426 脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(多椎間又は多椎弓の場合を含む。) 椎弓形成 43 4.74 23.77 25.58% 69.42
K1781 脳血管内手術 1箇所 42 1.38 22.24 30.95% 68.19
K1783 脳血管内手術 脳血管内ステントを用いるもの 42 2.05 13.55 9.52% 64.62 動脈瘤内塞栓術パス
K1692 頭蓋内腫瘍摘出術 その他のもの 39 4.64 17.05 15.38% 57.38
脳血管内手術は大腿部血管から脳の血管までカテーテルという管を通して病変を治療する方法で開頭手術とは全く異なります。その多くは脳動脈瘤に対するコイル塞栓術です。当院では脳動脈瘤治療の第一選択は血管内手術です。多くの脳血管内手術症例を治療するとともに、フローダイバーター治療などの新たな脳動脈瘤治療も導入しています。
頭蓋内腫瘍摘出術は地域の中核病院として多くの紹介患者に対して脳神経モニタリング、ナビゲーションシステム、術中蛍光診断、などにより正確、安全な摘出手術を行っています。さらに神経内視鏡や頭蓋底手術の手法により低侵襲の手術を目指しています。良性腫瘍の場合は平均入院期間は30日未満ですが、悪性度があり放射線治療をはじめとする集学的治療を要する患者さんの入院期間は約90日となり、表で示される平均入院日数になります。
近年の高齢化に伴い慢性硬膜下血腫の手術が一番多くなりました。患者さんは平均年齢も78歳と高く、入院後速やかに穿孔洗浄術を施行し、早期の離床、退院を図っています。また、脊髄・脊椎手術も増加しています。継続的なリハビリが必要な患者さんは専門病院への転院となります。
呼吸器外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K514-23 胸腔鏡下肺悪性腫瘍手術 肺葉切除又は1肺葉を超えるもの 68 3.63 10.76 1.47% 68.84 肺の手術を受ける患者様の入院治療スケジュール
K514-21 胸腔鏡下肺悪性腫瘍手術 部分切除 29 1.97 8.52 3.45% 67.55 肺の手術を受ける患者様の入院治療スケジュール
K5131 胸腔鏡下肺切除術 肺嚢胞手術(楔状部分切除によるもの) 17 3.00 5.82 0.00% 35.12 自然気胸の手術を受ける患者様の入院治療スケジュール
K5132 胸腔鏡下肺切除術 その他のもの - - - - -
K514-22 胸腔鏡下肺悪性腫瘍手術 区域切除 - - - - -
肺の手術はほぼ全例に胸腔鏡(カメラ)下手術を行っております。胸腔鏡下手術には完全鏡視下手術(3個の穴だけでTV画面を見て行う手術)と胸腔鏡補助下手術(7センチ程の小開胸から直接目で見て、さらにTV画面を見て、両方の視野で行う手術)の2つの方法があります。肺嚢胞(自然気胸)手術は完全鏡視下手術を行っております。肺葉切除などの肺悪性腫瘍(肺癌)手術は胸腔鏡補助下手術を行っております。胸腔鏡補助下手術を選択する理由は、完全鏡視下手術よりも安全性が断然優り、さらに手術傷の大きさや疼痛、肺機能にそれほど差がないからです。
心臓血管外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K5542 弁形成術 2弁のもの - - - - - 心臓手術パス
K5601ニ 大動脈瘤切除術(吻合又は移植を含む。) 上行大動脈 その他のもの - - - - - 心臓手術パス
K5606 大動脈瘤切除術(吻合又は移植を含む。) 腹部大動脈(分枝血管の再建を伴うもの) - - - - - 心臓手術パス
K5522 冠動脈、大動脈バイパス移植術 2吻合以上のもの - - - - - 心臓手術パス
K5943 不整脈手術 メイズ手術 - - - - - 心臓手術パス
令和元年度の手術総数(開心術、末梢血管)は30件でした。弁膜症関連手術が1/3、大動脈関連手術が約半分を占めております。
小児外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K6335 ヘルニア手術 鼠径ヘルニア 66 1.00 0.35 0.00% 4.17 ソケイヘルニアパス
K836 停留精巣固定術 10 1.00 0.30 0.00% 2.30 停留精巣パス
K6333 ヘルニア手術 臍ヘルニア - - - - - 臍ヘルニアパス
K7181 虫垂切除術 虫垂周囲膿瘍を伴わないもの - - - - - 急性虫垂炎パス
K414-2 甲状舌管嚢胞摘出術 - - - - -
小児外科で行なっている手術の中で最も多いものは鼠径ヘルニアに対する手術です。男児女児ともに見られ、生まれつき下肢の付け根にできているヘルニアの袋の中に腸管が入り込むもの、いわゆる「脱腸」です。その他には、生まれつき精巣が挙上している停留精巣、お臍が膨れている臍ヘルニアに対する手術なども行なっています。
皮膚科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0072 皮膚悪性腫瘍切除術 単純切除 14 2.29 10.79 0.00% 76.57
K0051 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部) 長径2センチメートル未満 11 2.36 2.55 0.00% 53.18
K0061 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部以外) 長径3センチメートル未満 - - - - -
K0062 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部以外) 長径3センチメートル以上6センチメートル未満 - - - - -
K0523 骨腫瘍切除術 鎖骨、膝蓋骨、手、足、指(手、足)その他 - - - - -
皮膚腫瘍に対して当院では、皮膚がんは皮膚科で診断し治療を行いますが、良性の皮膚腫瘍の場合、診断は皮膚科で行い手術が必要な場合は形成外科に紹介することもありますので、皮膚科の手術は皮膚がんが多くなり、次いで良性の皮膚腫瘍の手術となります。手術は腫瘍の状況や患者さんの状態に合わせて全身麻酔や局所麻酔を選択され、切除後の皮膚欠損部の再建も縫縮、局所皮弁、植皮術が状況に応じて行われます。また皮膚腫瘍以外に熱傷などの外傷性皮膚疾患の手術も有り、デブリードマン(壊死組織除去)と植皮術が行われます。
泌尿器科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K843-4 腹腔鏡下前立腺悪性腫瘍手術(内視鏡手術用支援機器を用いるもの) 98 3.19 8.64 0.00% 68.18 前立腺全摘除術(補水対象)パス
前立腺全摘除術(補水対象外)パス
K8036イ 膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術 電解質溶液利用のもの 94 3.05 4.56 0.00% 74.31 経尿道的膀胱がん手術(補水対象)パス
経尿道的膀胱がん手術(補水対象外)パス
K773-2 腹腔鏡下腎(尿管)悪性腫瘍手術 36 2.33 8.69 2.78% 67.33 腎摘除術(補水対象)パス
K773-5 腹腔鏡下腎悪性腫瘍手術(内視鏡手術用支援機器を用いるもの) 22 3.59 7.73 0.00% 59.27 腎摘除術(補水対象)パス
K803-22 腹腔鏡下膀胱悪性腫瘍手術 全摘(回腸又は結腸導管を利用して尿路変更を行うもの) 19 3.84 29.42 0.00% 72.79 膀胱全摘+回腸導管(補水対象)パス
膀胱全摘+回腸導管(補水対象外)パス
当院ではダヴィンチという、手術用ロボットが導入されており、拡大視野によって精度が高く、さらに手術創が小さく、出血も少ない低侵襲な手術が可能となってきております。泌尿器科手術の中では、膀胱全摘・前立腺全摘術・腎部分切除術において保険医療が可能です。
前立腺全摘術では、術後の生活の質に関わる、尿禁制・性機能そして周術期の負担軽減のため、当科では積極的にロボットでの手術を行っております。高齢者に多い手術であるため、侵襲の少ない方法での加療を希望され当科紹介になる患者さんが増えてきており、現在では最も多い手術となりました。
次に多い手術は、膀胱癌の経尿道的手術となります。尿道から内視鏡を膀胱へ挿入し、電気メスにて膀胱腫瘍を切除し、摘出するとともに、膀胱壁への深達度を評価しています。再発率の高い腫瘍であるため、精度の高い手術を行い再発率を下げるよう心掛けております。
ついで、患者さんへの負担が少なく、手術手技も洗練されている腹腔鏡下腎摘術・腎尿管全摘術が多くなっております。技術認定医による、安全な手術を行いながら、大きな腫瘍・複雑な腫瘍も積極的に低侵襲手術で行うようにしております。
小さな腎癌に対しては腎機能をできるだけ残すために、腎部分切除術が勧めらます。平成28年4月から、比較的小さな腎癌ではロボット支援腹腔鏡下腎部分切除術が保険適応となり、当科でも積極的に行っています。
また、膀胱全摘を開腹術で行った場合、出血量・手術時間を含めた様々な面で、侵襲の大きいものでしたが、ロボットでの膀胱全摘を行うようになってから、早期の回復が得られるようになりました。施行症例数が多い病院ほど、合併症少なく順調な経過をたどると考えられており、当院での手術治療を依頼されることが増えてきております。
産科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K8982 帝王切開術 選択帝王切開 157 3.76 7.04 0.00% 34.31 帝王切開パス
K8981 帝王切開術 緊急帝王切開 90 2.70 7.18 0.00% 33.32 帝王切開パス
K9091イ 流産手術 妊娠11週までの場合 手動真空吸引法によるもの - - - - - 流産手術パス
K9061 子宮頸管縫縮術 マクドナルド法 - - - - - 子宮頸管縫縮術パス
K6151 血管塞栓術(頭部、胸腔、腹腔内血管等) 止血術 - - - - -
産科における手術の大多数は帝王切開になります。妊娠初期の流産に対する手術は手動吸引法にて行っています。
婦人科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K8882 子宮附属器腫瘍摘出術(両側) 腹腔鏡によるもの 87 1.79 3.71 0.00% 41.82 腹腔鏡下手術パス(経口補水療法対象)
腹腔鏡下手術パス(モビプレップ内服対象)
K867 子宮頸部(腟部)切除術 69 1.06 1.07 0.00% 41.26 子宮頸部円錐切除術パス
K877 子宮全摘術 60 2.62 5.90 0.00% 48.90 開腹手術パス(経口補水療法対象)
開腹手術パス(モビプレップ内服対象)
K877-2 腹腔鏡下腟式子宮全摘術(内視鏡手術用支援機器使用) 59 2.34 3.98 0.00% 49.36 ロボット手術パス
K9091イ 流産手術 妊娠11週までの場合 手動真空吸引法によるもの 29 0.97 0.10 0.00% 33.10 流産手術パス
当院の診療エリアの症例の特徴として輸血を要するような過多月経や貧血を自覚していたにも関わらず、個々人の諸事情にて医療機関を受診していないため相当体調を悪化させてから救急車を依頼し、救急搬送されるケースが含まれています。附属器手術も救急搬送症例が多く含まれています。巨大な筋腫や強度の癒着例など開腹手術でしか対応できないようなリスクの高い手術が多く含まれているのが現状です。
転院率が0%というところでは、術前準備・術中操作・術後管理において系統的に責任を持って臨んでいる姿勢が評価されていると考えています。内視鏡下手術は増加傾向が顕著で、今後は良性疾患に対する腹腔鏡下、ロボット支援下手術やロボット支援下の子宮悪性腫瘍手術のさらなる低侵襲手術に取り組んでいきます。
眼科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K2821ロ 水晶体再建術 眼内レンズを挿入する場合 その他のもの 135 1.02 2.03 0.00% 72.20 白内障パス
白内障パス(全麻)
先天性白内障パス
K2422 斜視手術 後転法 38 1.45 1.68 0.00% 11.61 斜視パス
眼瞼下垂・斜視・内反症パス
K2193 眼瞼下垂症手術 その他のもの 16 1.56 1.56 0.00% 33.81 眼瞼下垂・内反症パス
眼瞼下垂・斜視・内反症パス
K2191 眼瞼下垂症手術 眼瞼挙筋前転法 15 1.00 1.00 0.00% 72.00 眼瞼下垂・内反症パス
眼瞼下垂・斜視・内反症パス
K2425 斜視手術 直筋の前後転法及び斜筋手術の併施 11 1.55 1.91 0.00% 6.55 斜視パス
眼瞼下垂・斜視・内反症パス
眼科では、白内障手術が最も多く、次いで斜視手術、眼瞼下垂症手術が上位を占めています。白内障手術はほとんどが高齢者でしたが小児も昨年度は数例(眼内レンズ移植を含む)行われていました。斜視の手術の約3/4が小児で全身麻酔で施行され、高校生以上は局所麻酔の手術が多数を占め、大部分が外来での手術でした(令和元年度件数98件)。次いで多いのは眼瞼下垂症手術で、やはり小児の割合が多いです。
耳鼻咽喉科・頭頸部外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K3772 口蓋扁桃手術 摘出 51 1.29 6.90 0.00% 22.49 扁桃摘出術パス
アデノイド・扁桃摘出術パス
K368 扁桃周囲膿瘍切開術 40 0.25 4.13 0.00% 35.68 扁桃炎パス(セフィローム)
扁桃炎パス(スルバシリン)
K340-5 内視鏡下鼻・副鼻腔手術III型(選択的(複数洞)副鼻腔手術) 21 1.14 5.67 0.00% 57.86 内視鏡下副鼻腔手術パス
K4571 耳下腺腫瘍摘出術 耳下腺浅葉摘出術 17 1.00 5.59 0.00% 57.94 耳下腺・顎下腺良性腫瘍パス
K6261 リンパ節摘出術 長径3センチメートル未満 13 1.54 2.77 0.00% 63.31 頸部リンパ節生検パス
頸部腫瘍・のう胞摘出術パス
口蓋扁桃摘出術は耳鼻咽喉科頭頸部外科で最も一般的な手術です。術後出血の危険性が高い1週間は入院としており、術後の平均入院期間は6.90日でした。扁桃周囲膿瘍切開術は必要と判断した場合には遅滞なく行います。平均術前日数は0.25日、術後は平均4.13日で速やかに改善しています。内視鏡下鼻・副鼻腔手術は平均術後日数は5.67日でした。耳下腺腫瘍摘出術、リンパ節摘出術の平均術後日数はそれぞれ5.59日、2.77日でした。リンパ節摘出術は外来での抜糸を施行しております。
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 - -
異なる - -
180010 敗血症 同一 23 0.18%
異なる 28 0.22%
180035 その他の真菌感染症 同一 - -
異なる - -
180040 手術・処置等の合併症 同一 46 0.36%
異なる - -
敗血症は造血器悪性腫瘍の治療中に起こりえる重要な合併症であり、これまでは多くが入院中に実施した化学療法後に起こっていましたが、最近は外来化学療法を多く実施している影響で、敗血症を契機に緊急入院する症例の増加がみられます。

手術・術後の合併症については、できるだけ発生しないよう細心の注意を払って診療を行っておりますが、患者さんの超高年齢化に伴い、心疾患などの併存疾患を抱える方が増えてきており、合併症を完全になくすには至っておりません。それでも、早期に合併症を見極め、合併症の重症化を防ぎ、患者さんが1日でも早く元気に退院できるようスタッフ一同精進しているところです。
数値的には昨年に比べ合併症率は若干減少しております。
更新履歴
2020.9.24
令和元年度病院指標を公開しました。