仙台医療センタートップページ > 診療科・各部門のご案内 > 救急科

救急科

特色

当院は約154万人の人口を有する仙台医療圏の救命救急センターとして、仙台市立病院、東北大学病院とともに地域の三次救急医療を支えるべく、多種多様な救急症例を受け入れています。また、宮城県の基幹災害医療センターとして、災害医療の充実にも力を入れております。

このような当院の救急医療機能の中で、救急科は主に平日日中から原則21時まで救急隊からのホットラインを応需し、各診療科と協力して患者さんの初期診療・安定化に当たっています。原則的には初期診療後、各診療科に入院治療を依頼していますが、重症多発外傷や内因性複合病態症例では、救急科が引き続き入院管理・集中治療を担当するケースが多くなります。夜間・休日は、内科、外科、産婦人科、中枢神経系、小児科の5系統の交替制勤務・日当直制が敷かれており、救急科もこの体制に参入しています。また各診療科交代制勤務医からの要請に応じ、随時応援を行なっております。

今年で7年を迎える宮城県ドクターヘリでは、フライト・ドクターを当科が担当しており、関連各機関との協力により、宮城県の救急医療の更なる質向上に貢献すべく活動しています。

2020年から3年余り、世の中を席巻してきた新型コロナウイルス感染症は2023年5月に5類へと移行し、新たな形での新型コロナとの対峙が始まります。決して新型コロナウイルスが消えるわけではなく、平時の医療・当たり前の医療の一部としてコロナと向き合う形を見出しつつ、救急医療を展開していきたいと考えております。

対象疾患

上述のように救急科は平日日中から21時までの間、現場救急の搬送患者さん全てに関連各科と協力し対応しています。救命救急を本務とする性質上、特にショック・原因不明の意識障害・CPA・重症外傷・重症複合病態などの診療に力を注いでいます。

診療実績

当院の2022年度・救急車搬入件数は5,719件であり、対前年で約700件の増加が見られました。救急車搬入患者さんの入院比率は56.9%でした。また、当院担当のドクターヘリ出動件数(出動後キャンセル除く)は166件 、当院へのドクターヘリ搬入件数は62件でした。

救急科が対応する主な傷病群から、重症外傷の診療実績を例としてお示しします。

重症外傷の治療成績は、TRISS法で計算される予測生存率(Ps)を基準として判断されます。Ps 0.5(50%)以上の死亡例から、「80歳以上の高齢者重症例」と「GCS5以下の急性硬膜下血腫」を除外したものを修正予測外死亡例(いわゆるPreventable Trauma Death;防ぎえたはずの外傷死)といいます。Preventable Trauma Deathをいかに少なくするかが、外傷救命救急の最大のポイントです。

2022年、当院に救急搬送された外傷症例総数1,035例(救急車搬送1,003例、ドクターヘリ搬送32例)のうち死亡例は17例(他病死除く)、修正予測外死亡例は1例(5.9%)でした。

地域の先生方へ

平日日中、各医療機関の先生方からのご紹介は当院各診療科に頂いておりますが、重篤かつ病態不明で、診療科の特定が難しい場合には、ご遠慮なく救急科にご相談下さい。

医師紹介

救急科 医師一覧

統括診療部長、救命救急部長
山田 康雄

卒業年 昭和62年
専門分野 救急医学、外傷学、一般外科、災害医療、航空医療
専門医資格等 日本救急医学会指導医・専門医、日本外科学会指導医・認定医、日本航空医療学会認定指導者、統括DMAT
名前 卒業年 職名 専門分野 専門医資格等
川副 友 平成15年 救命救急センター長
救急科医長
救急医学、
集中治療医学、
外科学
日本救急医学会指導医・専門医、
日本集中治療医学会専門医、
日本外科学会専門医
宮川 乃理子 平成18年 救急科医長 救急医学 日本救急医学会指導医・専門医、
日本外科学会専門医、
日本消化器内視鏡学会専門医
佐々木 貴史 平成22年 救急科医師 脳神経外科 日本脳神経外科学会専門医
湯川 友貴 平成25年 救急科医師 画像診断学、
IVR
日本医学放射線学会 放射線診断
専門医、
日本IVR学会 IVR専門医
浅沼 幸子 平成28年 救急科専修医 救急医学  
小谷 蒔生 平成31年 救急科専修医 救急医学  
工藤 公平 平成31年 救急科専修医    
岡本 篤史 平成26年 救急科専攻医    
丸山 千晴 平成31年 救急科専攻医 救急医学  
野口 侑太 令和4年 救急科専攻医    
魚住 尚宏 令和4年 救急科専攻医    
亀田 貴範   救急科専攻医    

医師募集

救急科では医師を募集しています。

  • 日本救急医学会専門医指定施設
  • 救命救急センターを活動の場とし、ドクターヘリを運行する予定です。
  • 救急医療・ドクターヘリに興味のある医師、救急医学会専門医及び専門医を目指す医師を募集しています。

詳細については医師募集のページをご覧ください。仙台医療センター 救急科医師募集

外来受付時間

初めての方

8:00〜11:00

2回目以降予約の方

8:00〜

2回目以降予約以外の方

8:00〜11:00

お電話でのお問合せ

TEL:022-293-1111(代表)

当院の概要を見る

地域医療連携

仙台医療センター 臨床研修医募集

仙台医療センター 医師募集

仙台医療センター 採用情報

手術支援ロボット「ダヴィンチ」

仙台医療センター附属仙台看護助産学校

仙台医療センター 救命救急センター

仙台医療センター 母子医療センター

仙台医療センター ウイルスセンター

仙台医療センター医学雑誌 SMCJ

臨床研究に関する情報公開(倫理委員会)

仙台医療センター 調達情報

ページの先頭へ戻る

独立行政法人 国立病院機構 仙台医療センター

〒983-8520 宮城県仙台市宮城野区宮城野二丁目11番12号
TEL:022-293-1111(代表)FAX:022-291-8114

Copyright © 2013 Sendai Medical Center All Rights reserved.