仙台医療センタートップページ > 診療科・各部門のご案内 > 歯科口腔外科

歯科口腔外科

概要

高次歯科医療機関

当科は、一般歯科診療所では治療困難な口腔外科疾患に対応出来る専門技術、医療スタッフ、検査機能等を有する高次歯科医療機関です。口腔外科疾患は、虫歯や歯周病などの一般的歯科疾患と違って詳細な検査、観血処置あるいは入院加療が必要となります。一般の歯科診療所では治療困難な顎口腔疾患に対し、紹介状(診療情報提供書)を通じて連携し診療を行なっておりますので、紹介元の医療機関から事前予約を取っていただき初診日には必ず紹介状(診療情報提供書)をご持参ください。紹介して頂いた患者さんには、疾患について充分な説明を行い、同意のもとで納得のいく治療を心掛けています。

取り扱い疾患

当科で取り扱っている代表的な口腔外科疾患は、難度の高い抜歯操作が必要な智歯(親不知)・埋伏歯・過剰歯や、口の中や顎に生じた嚢胞・良性あるいは悪性腫瘍、歯の破折・脱臼や顎の骨折を伴う口腔外傷、歯を原因とする顔面の急性化膿性炎症、口内炎や白斑・紅斑・びらん等を呈する粘膜疾患、関節痛や開閉口障害が生じる顎関節疾患、歯並びや噛み合わせが異常な顎変形症などです。

ほとんどの口腔外科疾患に対して、当科で治療が完結できるように努めています。稀少な疾患で対応が困難なものについては、東北大学病院等との連携を図っています。口内の悪性腫瘍や顔面の多発性骨折については、耳鼻科・形成外科等の院内関連科と連携しながら集学的・総合的治療を行っています。

医科歯科連携医療の要

超高齢社会のなか、高血圧症、心疾患、脳血管障害、糖尿病あるいは悪性腫瘍などの病気に罹患していたり、抗血栓薬や免疫抑制剤、骨吸収抑制剤の投与を受けていたりする患者さんは、歯と口の健康管理が大変重要とされています。このような全身疾患を有する患者さんに専門的口腔ケアや歯科治療を施す場合、医科と連携した全身管理が必要不可欠です。当科では医科歯科連携医療の要として医学的な判断を仰ぎながら、紹介医と歯科治療の範囲や内容を分担して診療を進めております。

有数の顎変形症治療施設

現代の子ども達の齲蝕が減少する一方で歯並びや咬み合わせ(咬合)への関心が高まり、矯正歯科治療が成人層にも浸透しています。しかし、顎骨の発育異常や変形が高度な場合(顎変形症)、通常の歯列矯正治療だけで不正咬合を改善することが困難であり手術が必要となります。当科では多くの矯正歯科専門医と連携し、この顎矯正手術に積極的かつ重点的に取り組み、東北地区における有数の顎変形症治療施設となっています。

顎顔面補綴とインプラント治療

腫瘍切除・外傷・先天異常等によって歯の喪失のみならず顎の一部を欠損した患者さんに対しては、口の機能や審美性を回復するために顎の外科的再建や特殊な義歯(顎補綴装置)の作成等大がかりな治療が必要になります。当科では、顎欠損に応じた骨増量術を行いながら、東北大学病院歯科補綴専門医と連携し顎顔面補綴やインプラント治療に取り組んできました。このような歯科補綴治療における難症例に対応してきた経験を活かし、最近では歯科用あるいは矯正用インプラント手術にも取り組み、歯科診療所との病診連携を行なっております。

優秀な歯科医師養成へ

歯科研修医を募集します。1期生が2020年4月より研修勤務していただけるよう鋭意準備中です。興味のある方は連絡をお待ちしております。臨床研修部のバナーから詳細を参照ください。また、公益社団法人日本口腔外科学会の研修施設として優秀な口腔外科医を育成します。

対象疾患

  1. 埋伏智歯・埋伏歯・過剰歯などの難度の高い抜歯
  2. 高齢者・有病者の方の抜歯
  3. 顎変形症:顎矯正手術を必要とする骨格性の不正咬合、睡眠時無呼吸症候群
  4. 先天異常:口唇口蓋裂、顎口腔領域の奇形・症候群、小帯異常など
  5. 炎症:蜂窩織炎、膿瘍、顎骨炎、上顎洞炎、リンパ節炎など
  6. 外傷:歯の破折・脱臼、顎骨骨折、顎顔面軟組織の裂傷など
  7. 嚢胞:含歯性嚢胞、歯根嚢胞、その他の歯原性嚢胞、非歯原性嚢胞、軟組織嚢胞
  8. 腫瘍:エナメル上皮腫、角化嚢胞性歯原性腫瘍、その他の歯原性腫瘍、非歯原性腫瘍、軟組織良性腫瘍
  9. 腫瘍類似疾患:口蓋隆起、下顎隆起、骨瘤、エプーリスなど
  10. 悪性腫瘍:初期の口腔癌、腫瘍切除後の口腔再建など
  11. 前癌病変:白板症、紅板症、扁平苔癬など
  12. 口腔粘膜疾患:口内炎、舌炎、ウイルス感染症、口腔カンジダ症、口腔乾燥症など
  13. 唾液腺疾患:唾石症、ガマ腫、粘液嚢胞、唾液腺腫瘍、シェーグレン症候群など
  14. 顎関節疾患:顎関節症、顎関節脱臼、顎関節強直症、顎関節腫瘍など
  15. 神経疾患:神経痛、神経麻痺、神経痙攣、非定型顔面痛など
  16. 口腔心身症:舌痛症、味覚障害、非歯原性疼痛、歯科治療恐怖症など
  17. 歯科インプラント手術:歯の欠損部位にチタン製人工歯根を埋め込む手術、骨増量術
  18. 矯正用インプラント手術:歯を移動するための暫間的固定源装置を埋め込む手術
  19. 入院患者の歯科治療ならびに口腔ケア、がん等の周術期口腔機能管理
  20. HIV感染患者の歯科治療

医師紹介

医長
後藤 哲

卒業年 昭和62年卒
専門分野 歯科口腔外科、顎矯正手術、顔面外傷
専門医資格等 日本口腔外科学会専門医・指導医、東北大学歯学部臨床教授、歯学博士
名前 卒業年 職名 専門分野 専門医資格等
大泉丈文 平成17年卒 医師 歯科口腔外科 日本口腔外科学会専門医、歯学博士
鈴木飛佳理 平成25年卒 専修医 歯科口腔外科 歯学博士
長谷昌尚 平成26年卒 非常勤医師 歯科口腔外科  

診療実績

当科は日本口腔外科学会の関連研修施設です。

直近3年間の新外来患者の疾患別内訳

新外来患者の疾患別分類 平成28年 平成29年 平成30年
例数 割合 例数 割合 例数 割合
歯の疾患 埋伏歯、智歯関連 711 35.3% 643 33.4% 629 31.8%
歯周炎、歯根膜炎など 523 26.0% 571 29.7% 729 36.9%
顎変形・先天異常・発育異常 158 7.8% 220 11.4% 155 7.8%
嚢胞 130 6.5% 63 3.3% 61 3.1%
口腔粘膜疾患 119 5.9% 76 3.9% 77 3.9%
炎症 97 4.8% 72 3.7% 83 4.2%
顎骨骨折・歯の外傷・軟組織損傷 79 3.9% 67 3.5% 57 2.9%
顎関節疾患 56 2.8% 39 2.0% 40 2.0%
良性腫瘍および腫瘍類似疾患 55 2.7% 91 4.7% 84 4.3%
インプラント症例 21 1.0% 32 1.7% 7 0.4%
唾液腺疾患 19 0.9% 22 1.1% 11 0.6%
悪性腫瘍 18 0.9% 13 0.7% 13 0.7%
歯科心身症(舌痛症、口腔異常感) 15 0.7% 12 0.6% 19 1.0%
神経性疾患 11 0.5% 4 0.2% 18 0.9%
睡眠時無呼吸症候群 1 0.0% 0 0.0% 0 0.0%
2013 100.0% 1925 100.0% 1976 100.0%

直近3年間の新入院患者の手術別内訳

入院口腔外科手術別分類 平成28年 平成29年 平成30年
例数 割合 例数 割合 例数 割合
抜歯関連 智歯・埋伏歯抜歯術 78 19.2% 70 22.2% 110 28.8%
P,Per抜歯術・歯根端切除術 59 14.5% 38 12.0% 36 9.4%
顎変形・骨折
関連
下顎枝矢状分割法 70 17.2% 59 18.7% 59 15.4%
Le Fort I 型骨切り術 29 7.1% 20 6.3% 31 8.1%
オトガイ形成術 4 1.0% 3 0.9% 9 2.4%
歯槽部骨切り術 1 0.2% 1 0.3% 1 0.3%
顎骨骨折整復固定術 16 3.9% 8 2.5% 12 3.1%
骨片固定用プレート除去術 57 14.0% 60 19.0% 56 14.7%
炎症・異物
除去関連
膿瘍・骨髄炎手術 12 3.0% 12 3.8% 6 1.6%
インプラント除去術 1 0.2% 2 0.6% 2 0.5%
迷入異物除去術 0 0.0% 0 0.0% 0 0.0%
腫瘍・嚢胞
関連
顎骨腫瘍・嚢胞(3cm以上)摘出術 6 1.5% 3 0.9% 10 2.6%
歯根嚢胞・嚢胞(3cm未満)摘出術 33 8.1% 25 7.9% 30 7.9%
歯原性腫瘍(3cm未満)摘出術 3 0.7% 6 1.9% 0 0.0%
軟組織腫瘍・嚢胞摘出術/腫瘍類似疾患手術 14 3.4% 3 0.9% 1 0.3%
上顎洞根治術・術後性上顎嚢胞摘出術 3 0.7% 0 0.0% 0 0.0%
癌・前癌病変腫瘍切除術 2 0.5% 1 0.3% 3 0.8%
唾液線関連 唾石摘出術 3 0.7% 3 0.9% 2 0.5%
唾液腺腫瘍摘出術 1 0.2% 0 0.0% 3 0.8%
インプラント・
再建外科
インプラント植立術 7 1.7% 1 0.3% 8 2.1%
顎堤形成術/骨移植術 7 1.7% 1 0.3% 3 0.8%
顎関節関連 顎関節脱臼非観血的整復術 0 0.0% 0 0.0% 0 0.0%
顎関節脱臼観血的整復術 0 0.0% 0 0.0% 0 0.0%
顎関節授動術 0 0.0% 0 0.0% 0 0.0%
406 100.0% 316 100.0% 382 100.0%

直近3年間のHIV感染者の歯科治療

当院はAIDS/HIVブロック拠点病院です。

  平成28年 平成29年 平成30年
HIV感染者新患数(人) 7 5 4
HIV感染者歯科治療回数(回) 191 153 162

・HIV歯科治療新患数の合計は105人、近年はほとんどが非血友病患者。
 ・2016年は新患数は5人、治療回数は153回であった。

直近3年間の専門的口腔ケアの患者数

専門的口腔ケア 平成28年 平成29年 平成30年
新患者数 新患者数 新患者数
歯科疾患管理 43 26 21
周術期口腔 
機能管理
全身麻酔手術前後 24 81 268
放射線・化学療法前後 105 81 112
172 188 401

地域の先生方へ

  1. 日常の歯科口腔外科臨床でお困りのことがありましたら、患者さんに診療情報提供書を持参させてご紹介ください。大変恐縮ですが当院の初診診療は完全予約制となりましたので必ず地域医療連携室を通して事前予約を取ってください。なお、初診当日の観血処置は緊急時以外行っておりませんので、ご容赦下さい。
  2. 早急な診療が必要と判断された場合は貴院から直接お電話ください。当日でも診察・診療いたします。
  3. 月曜日・木曜日は、中央手術室での手術のため外来診療は行っておりません。なお、緊急性があると判断された場合は電話で相談ください。
  4. 常に紹介して頂いた先生との連携を大切にし、当科での診断・治療の終了後は適切な時期にかつ速やかに一般歯科治療や口腔機能管理が再開できるようにお戻ししております。
  5. 手術によって新たに歯ならびに咬合の回復・再構築が必要となる場合や、齲蝕や歯周病のように一般歯科診療所での治療が適切と判断される場合には紹介医あるいは登録医の先生へ治療をお願いしております。
  6. 歯科治療は原則として当院に入院中の方のみを対象としており、また応急処置です。退院後に継続した治療を必要とする場合は、登録医あるいはかかりつけ歯科の先生に逆紹介して歯科治療をお願いしております。 また、全身麻酔手術やがん化学療法などに際しその合併症の予防のために有効とされる周術期等口腔機能管理に取り組んでおります。時間的猶予がある場合には当科でリスク評価を行なったのちに歯科診療所の先生に逆紹介して対応していただいております。
  7. 歯科診療所の先生が全身的疾患や感染症などを合併する患者さんの歯科治療に不安や問題をお持ちの場合には、医療情報を十分把握して、安全な歯科治療を受けるための相談や協力をさせていただきます。

外来受付時間

初めての方

8:00〜10:30

2回目以降予約の方

7:30〜

2回目以降予約以外の方

8:00〜11:00

お電話でのお問合せ

TEL:022-293-1111(代表)

当院の概要を見る

仙台医療センター 臨床研修医募集

臨床研究に関する情報公開(倫理委員会)

仙台医療センター 採用情報

仙台医療センター 調達情報

仙台医療センター附属仙台看護助産学校

仙台医療センター 救命救急センター

仙台医療センター 母子医療センター

仙台医療センター ウイルスセンター

仙台医療センター医学雑誌 SMCJ

ページの先頭へ戻る

独立行政法人 国立病院機構 仙台医療センター

〒983-8520 宮城県仙台市宮城野区宮城野二丁目11番12号
TEL:022-293-1111(代表)FAX:022-291-8114

Copyright © 2013 Sendai Medical Center All Rights reserved.