仙台医療センタートップページ > 診療科・各部門のご案内 > 皮膚科

皮膚科

特色

皮膚は体表を覆う臓器で、面積が広く、また直接目に触れることから、皮膚の疾患は多岐に渡ります。一方で実際の皮膚科の診療においては外来での診療が中心で、多くの患者さんはcommon skin diseasesでの受診が多いため、診療形態もそれらの疾患に合わせています。そのため診療所や市中病院の多くの皮膚科では入院が必要な重症患者さんや、手術を必要とする患者さんが受診されると、その対応に苦慮してしまいます。そこで当科では、病診連携の見地からも、急性期病院の特性を生かしてこれらの症例を受け入れることに重点を置き、入院治療や手術並びに皮膚生検を積極的に行っています。

対象疾患

入院や手術、および皮膚生検を必要とする皮膚疾患が対象疾患で、比較的多い疾患としては細菌性感染症では蜂窩織炎や丹毒など、ウイルス性感染症では帯状疱疹やカポジ水痘様発疹症など、炎症性疾患では中毒疹や自己免疫性水疱症など、外傷性疾患では皮膚潰瘍や糖尿病性壊疽/潰瘍など、良性腫瘍では脂肪腫や粉瘤(表皮嚢腫)など、悪性腫瘍では有棘細胞癌や基底細胞癌などがあります。また年間の症例数はそれほど多くないのですが、多形紅斑、スティーブンス・ジョンション症候群、薬剤誘発性過敏性症候群、重症化したアトピー性皮膚炎および乾癬、結節性紅斑、血管炎/リベド血管症、壊疽性膿皮症などの炎症性疾患の入院もあります。

診療実績

令和4年度の入院患者数は95名、手術件数は83件(全身麻酔13件、局所麻酔70件)生検は220件であった。入院患者数の性別、年齢分布とその年次推移並びに手術件数の年次推移を表1および図1〜3に示した。入院患者数はここ数年減少傾向で、男性の入院はやや減少傾向にあるが、一方で女性の入院が増加した。年齢層は今まで70歳代と80歳代にピークがあったのが50歳代から80歳代とピークが幅広い範囲の年齢層に移行しており、社会の高齢化と悪性腫瘍などの若年発症例の増加などを併せて反映している可能性が示唆された。

入院症例の疾患分類を表2に、その年次推移を図4〜6に示し、疾患の詳細について表3に示した。疾患分類別では感染症と腫瘍性疾患(特に悪性腫瘍)が減少し、逆に炎症性疾患や創傷がやや増加していた。感染症の減少はコロナの感染対策により症例数が減少した可能性が挙げられた。悪性腫瘍については年次によって症例数にバラツキがあり、コロナの感染状況とは無関係に一定の傾向がみられない経過であった。

表1.入院症例の性別と年齢分布

年齢 女性 男性
0〜9 0 0 0
10〜19 1 0 1
20〜29 2 1 3
30〜39 1 3 4
40〜49 3 8 11
50〜59 9 9 18
60〜69 10 7 17
70〜79 13 9 22
80〜89 7 7 14
90〜99 2 2 4
100〜109 1 0 1
49 46 95

図1. 入院患者数の年次推移

図2. 過去3年間の入院患者の年齢分布

図3. 手術件数の年次推移

表2.入院症例の疾患分類

    小計
感染症 細菌性 4 10
ウイルス性 6
その他 0
炎症性   11 11
創傷   8 8
腫瘍 良性 31 63
悪性 32
その他   3 3
    95

図4. 疾患分類の年次推移

図5. 疾患分類:感染性皮膚疾患の年次推移

図6. 疾患分類:腫瘍性皮膚疾患の年次推移

表3.入院症例の疾患内容

疾患分類 病名(症例数)
細菌性感染症 蜂窩織炎 (4)
ウイルス性感染症 帯状疱疹 (5),ウイルス感染症 (1)
その他感染症 なし
炎症性皮膚疾患 薬疹(3), 尋常性天疱瘡(3),落葉状天疱瘡(2),自家感作性皮膚炎(1), 多形紅斑(1), 先天性水疱症(1)
創傷 皮膚潰瘍(2), 術後皮膚潰瘍(1), 熱傷(1), 糖尿病性足壊疽(1), 糖尿病性潰瘍(1), 褥瘡(1), 術後瘢痕(1)
皮膚良性腫瘍 脂肪腫(7), 粉瘤(6), 脂漏性角化症(4), エクリン汗孔腫(3), 母斑細胞母斑(2), 血管腫(2), 外毛根鞘嚢腫(1), 軟性線維腫(1), 皮膚線維腫(1),ケラトアカントーマ(1), 異物肉芽腫(1), ケラトアカントーマ(1), 毛芽腫(1), 結節性汗腺腫(1)
皮膚悪性腫瘍 基底細胞癌(12), 有棘細胞癌(11), ボーエン病(5), 悪性リンパ腫(2), 日光角化症(1), メルケル細胞癌(1)

地域の先生方へ

当科は医師二名と限られた人数で診療を行っております。急性期型の病院としての当院の特徴と、マン・パワーが限られている当科の特性の両方を合わせて、どのようにしたら地域の先生方に貢献できるか考えてみると、皮膚科領域のオールラウンドを可能な範囲でカバーすることを目指しつつ、その中でも入院、手術、検査の分野で先生方に貢献できるのではないかと考えております。また重症のアトピー性皮膚炎や乾癬などの炎症性疾患につきましても生物学的製剤やJAK阻害薬などの新規薬剤を中心に治療導入も考えております。一方、幸いにも仙台市内には多くの皮膚科の開業の先生がいらっしゃることもあり、特殊な治療を必要としない外来通院での治療は諸先生方にお願いすることができます。

生検・病理組織検査や臨床検査、画像検査で診断をつけ、必要があれば入院、手術、特殊な治療の導入等を行い、外来通院可能な状態であれば通院しやすい施設にご紹介して治療を継続して頂くことを考えておりますので、是非患者さんのご紹介をよろしくお願い申し上げます。

概要

平成25年1月から、

  • 新患受診の際は紹介状をお持ちください。
  • 毎週水曜日は休診です。

皮膚科では入院や手術を必要とする患者さんの診察をさせていただいております。

医師紹介

名前 卒業年 職名 専門分野 専門医資格等
古舘 禎騎 平成20年 皮膚科医長 皮膚腫瘍、皮膚外科 熱傷、外傷 日本皮膚科学会認定専門医
臨床研修指導医
皮膚悪性腫瘍指導専門医
がん治療認定医機構認定医
日本臨床皮膚外科学会専門医
武田 佳奈 平成26年 皮膚科医師 皮膚科一般 日本皮膚科学会認定専門医
中川 悠 平成30年 皮膚科医師    
飯澤 理 昭和60年 皮膚科非常勤医師 重症炎症性皮膚疾患、腫瘍性皮膚疾患 日本皮膚科学会認定専門医、 JSPEN認定医、臨床研修指導医

外来受付時間

初めての方

8:00〜11:00

2回目以降予約の方

8:00〜

2回目以降予約以外の方

8:00〜11:00

お電話でのお問合せ

TEL:022-293-1111(代表)

当院の概要を見る

地域医療連携

仙台医療センター 臨床研修医募集

仙台医療センター 医師募集

仙台医療センター 採用情報

手術支援ロボット「ダヴィンチ」

仙台医療センター附属仙台看護助産学校

仙台医療センター 救命救急センター

仙台医療センター 母子医療センター

仙台医療センター ウイルスセンター

仙台医療センター医学雑誌 SMCJ

臨床研究に関する情報公開(倫理委員会)

仙台医療センター 調達情報

ページの先頭へ戻る

独立行政法人 国立病院機構 仙台医療センター

〒983-8520 宮城県仙台市宮城野区宮城野二丁目11番12号
TEL:022-293-1111(代表)FAX:022-291-8114

Copyright © 2013 Sendai Medical Center All Rights reserved.