仙台医療センタートップページ > 診療科・各部門のご案内 > 呼吸器外科

呼吸器外科

特色

当科では、「患者中心の医療」、「安全な医療」、「EBMに基づいた医療」の実践を理念に掲げ、日々診療に従事しております。扱う疾患は心臓と食道、胸椎を除いた“鎖骨下〜横隔膜までの胸腔・胸郭に発生した全ての疾患”であり、極めて多彩な内容となります。その中で最多は肺癌で約6割を占めます。肺癌は最も死亡率が高い癌であり、今後も確実に増加し続けます。当科ではその難治癌と言える肺癌に対して、“発見から緩和”まで一貫した診療にあたっております。つまり外科治療のみならず(外科の枠を超えて)、早期発見(住民検診のレントゲン読影)、診断(気管支鏡検査)、術後補助療法(抗癌剤・放射線治療)、再発治療、さらには緩和医療に至るまで、全ステージにおいて深く関わっております。なお当科は日本呼吸器外科学会、日本胸部外科学会、日本呼吸器内視鏡学会の施設認定となっており東北地方の基幹的な役割を担っております。

対象疾患

肺疾患

肺癌、転移性肺腫瘍、良性肺腫瘍、炎症性疾患(結核や真菌症)、自然気胸など。

胸膜疾患

悪性中皮腫など

縦隔疾患

縦隔腫瘍、縦隔炎など

胸壁疾患

肋骨・胸骨疾患(腫瘍や骨折)、軟部腫瘍など。

横隔膜疾患

腫瘍、ヘルニアなど。

気管・気管支疾患

気管・気管支腫瘍、気道狭窄、気道異物、気管・気管支瘻など。

胸部外傷

気胸、血胸、肺挫傷、横隔膜損傷、気管・気管支損傷など。

膿胸

急性、慢性、有瘻性膿胸など。

その他

乳び胸など。

診療実績

2018年度の実績は以下のとおりでした。

入院

入院患者数は延べ290人。肺癌(疑いを含む)患者はその6割を占め、治療の内訳は手術46%、抗癌剤・放射線治療22%、緩和14%でした。

手術

158例の全身麻酔手術がありました。
(1)原発性肺癌:79例。進行例や癒着例を除き、全例に対して胸腔鏡補助下の小開胸手術“hybrid-VATS” を実施しております。術後入院期間は平均10日でした。
(2)転移性肺癌:19例。大腸癌12、耳鼻科領域癌2、腎癌2、乳癌1、膣癌2例。
(3)縦隔腫瘍:11例。胸腺癌1,胸腺腫8(内、重症筋無力症合併例は4例)、キャッスルマン病1、脂肪肉腫1例。
(4)自然気胸:28例。全例に胸腔鏡下手術を行い、術後入院期間は平均4日でした。
(5)その他:18例。炎症性腫瘍(器質化肺炎)2、肺膿瘍1、肺アミロイドーシス1、IgG4関連疾患1,縦隔膿瘍1、肺分画症1、外傷性横隔膜損傷1 外傷性血気胸1、悪性胸膜中皮腫(胸膜生検)2、縦隔リンパ節生検2、大腸癌胸膜転移1,転移性腋窩リンパ節1例、膿胸1例。

気管支鏡検査・治療

気管支鏡は69件。ほとんどは擦過細胞診や生検などによる術前診断目的ですが、超音波内視鏡システム(EBUS-TBNA)による縦隔リンパ節生検を11例、難治性肺瘻へのEWS充填術を1例に対して行いました。

原発性肺癌の手術成績

(1)5年生存率:1996/4月(当科開設)から2016/12月までの間に手術を行い、術病理病期が確定している1313例を対象とし、肺癌死以外の他病死を含めた全病死で計算した。術後病理病期別の5年生存率は以下の通りであった(予後調査日は2019/5/20、病期分類はUICC-7版)。1A期(n=668)87.7%、1B期(n=316)76.2%、2A期(n=114)56.5%、2B期(n=62)49.2%、3A期(n=160)42.9%、3B期(n=8)25.0%、4期(n=58)24.9%。この成績は2010年に肺癌登録合同委員会から発表された成績とほぼ同等な結果です。

(2)手術関連死:2018年度の手術関連死亡はありませんでした。当科開設1996年以来の術死および術後院内死亡は、累計で術死0例、院内死7例であり、手術関連死の比率は約0.26%でした。この成績は呼吸器外科学会発表の「術死0.9%、院内死1.1%」という成績に比べ良好な結果です。

地域の先生方へ

外科は内科の先生方や開業医の先生方のご協力とご支援が無くては成り立たない診療科です。先生方の信頼を得て、そしてより一層強いものにできるよう、日々精進して参ります。当科のアピールポイントを以下に。

(1)軽いフットワーク:外来日、受け付け時間に関係なく、いつでもご紹介ください。迅速に対応いたします。

(2)相談のみでも構いません:胸部異常陰影の相談や診断、治療方針など何でも気楽にご相談ください(電話相談、画像郵送での相談等、形式は問いません)。

(3)安全な手術:肺癌に対して近年ではどこの病院でも胸腔鏡下手術を行います。それには完全鏡視下手術(視野はTVモニター視だけ)と胸腔鏡補助下手術(視野は小開胸からの直視とTVモニター視の両方)の2タイプがあります。当科は後者を選択しております。なぜなら安全性が断然優るからです。そして手術傷の大きさや疼痛、肺機能に差がないからです。

(4)充実した気管支鏡体制:バーチャルブロンコスコピー、超音波気管支鏡を備えており診断率の向上を得ております。また高周波治療やステント留置、気管支塞栓術(EWS)、異物除去などのインターベンションも得意としております。

平成23年秋からは「肺がん地域連携パス」の運用が始まっております。肺がん術後で後治療を必要としない早期患者が対象となっております。連携先医療機関として先生方にご依頼をする機会があると思います。より緊密な効率の良い診療体制を築いていきたいと思いますので今後とも宜しくお願いいたします。

医師紹介

呼吸器外科医長
羽隅 透

卒業年 平成2年
専門分野 呼吸器外科的疾患全般
専門医資格等 呼吸器外科専門医・評議員、日本胸部外科学会指導医、外科専門医・指導医、気管支鏡専門医・指導医・評議員、肺癌学会評議員、がん治療認定医機構認定医、東北大学医学部臨床准教授、臨床研修指導医
名前 卒業年 職名 専門分野 専門医資格等
小野寺賢 平成20年 呼吸器外科医師 呼吸器外科的疾患全般 外科専門医
呼吸器外科専門医
気管支鏡専門医
がん治療認定医
上田和典 平成26年 呼吸器外科医師 呼吸器外科的疾患全般  
村井翔 平成28年 呼吸器外科医師 呼吸器外科的疾患全般  
齋藤泰紀 昭和50年 呼吸器外科非常勤医師 呼吸器外科的疾患全般 呼吸器外科専門医・指導医
日本胸部外科学会指導医
外科専門医・指導医
気管支鏡専門医・指導医
がん治療認定医機構暫定教育医
臨床腫瘍学会暫定指導医
呼吸器学会指導医・専門医

外来受付時間

初めての方

8:00〜10:30

2回目以降予約の方

7:30〜

2回目以降予約以外の方

8:00〜11:00

お電話でのお問合せ

TEL:022-293-1111(代表)

当院の概要を見る

仙台医療センター 臨床研修医募集

臨床研究に関する情報公開(倫理委員会)

仙台医療センター 採用情報

仙台医療センター 調達情報

仙台医療センター附属仙台看護助産学校

仙台医療センター 救命救急センター

仙台医療センター 母子医療センター

仙台医療センター ウイルスセンター

仙台医療センター医学雑誌 SMCJ

ページの先頭へ戻る

独立行政法人 国立病院機構 仙台医療センター

〒983-8520 宮城県仙台市宮城野区宮城野二丁目11番12号
TEL:022-293-1111(代表)FAX:022-291-8114

Copyright © 2013 Sendai Medical Center All Rights reserved.