仙台医療センタートップページ > 診療科・各部門のご案内 > 感染症内科

感染症内科

特色

1997(平成9)年4月にエイズ治療における東北ブロックエイズ拠点病院に選定されたのを受け、HIV感染症/AIDS診療を専門とする外来として内科5外来が開設されました。その後、2012(平成24年)4月より感染症内科を標榜し現在にいたっております。エイズ動向調査によれば2022年末日までの日本の感染者累計は約34000人で、新規感染者は減少傾向を呈しております。2022年のHIV/AIDS新規感染者数は870名で、過去20年で最少となりました。ただ、新規報告者の約30%が依然としてAIDS発症している実態は変わっておらず、新型コロナウイルス感染症の影響で保健所での検査数が減ったことなどが新規報告数の減少に影響した可能性が指摘されております。一方、全国的に梅毒の報告数が年々増加しており、現在の状況が決して楽観できるものではなく、今後も公衆衛生学的な対策を継続する必要があります。感染症内科はHIV感染症に特化した診療科であり、無症状であっても、また種々の疾患の診療上においても、HIVの感染が確認された時に介入することになります。HIV感染症はすでに慢性感染症として扱われており、適切な抗HIV療法を受けていれば安全に診療できる状況となっており、全診療科で非感染者と同様の治療を行うことができます。当科では、医師、専任(従)看護師、HIV認定薬剤師を含む薬剤師、専任カウンセラー、ケースワーカー、情報担当事務等HIVを担当する医療スタッフと連携し、チーム医療を実践しております。

対象疾患

HIV感染症(HIV陽性者)、及びエイズ発症者

診療実績

東北地方ではHIV/AIDSの報告数自体が少なく、域内のブロック拠点病院への通院患者数は約600名で、当院にはそのうち約200名が通院しております。県外からの通院者もおります。当院の新規HIV感染判明受診者数は例年10名程度で推移しており、うち数名がエイズを発症しております。その他、転居に伴う転院患者も例年10名ほど受け入れております(転出もする患者さんもおります)。さらに、今後は定年退職後に都市部から地元に戻るHIV感染者が増える可能性があります。抗HIV療法の進歩により、HIV感染者であっても非感染者と同等の余命を得ることが可能となっており、現在は高血圧や糖尿病などと同様の慢性疾患として扱われれています。また、エイズ発症で診断された場合でも適切な治療により健康を回復できる可能性があります。HIVの早期診断・早期治療は患者の予後を改善するだけでなく、他者への感染予防にもつながることが知られております(U=U:undetectable=untransmittable)。

地域の先生方へ

HIV感染症は慢性疾患で、早期診断・早期治療により死の病でなくなり、非HIV者と同じ生命予後が期待されます。症状の有無にかかわらず、性感染症診断時やエイズ発症を疑う場合は、積極的な患者さんへのHIV抗体検査の提案と実施をお願いいたします。また、スクリーニング検査陽性だけではHIV感染と診断できません。イムノクロマト法、及びPCR法による確認検査が必須です(確認検査はWB法からイムノクロマト法:geenius法に変更となりました)。一方、エイズ症例は迅速な介入が必要となることがしばしばあります。エイズを疑う場合や、ご不明な点があればご遠慮なくご相談ください。最近の課題として、抗HIV療法の目覚ましい進歩によりHIV感染者は長期の生存が可能となり、高齢化問題が浮上してきています。加齢に関連した合併症(心・血管系疾患、高血圧、慢性腎障害、糖尿病、骨粗鬆症、癌、認知症など)の予防と治療がますます重要となります。適切な治療を受けている患者さんから医療者への感染リスクはほぼありません。HIVに対する差別や偏見の解消、患者のプライバシー保護の啓発は引き続き重要な課題ではありますが、今後は患者さんの医療事情やニーズに合わせ、HIV以外の診療は地域の先生方にご紹介していく事例も増えていくかと存じます。その際はご理解・ご協力よろしくお願い申し上げます。

医師紹介

名前 職名 専門分野 専門医・認定医資格
今村 淳治 医長・
HIV/AIDS包括診療センター室長・
HIV/AIDS長期療養支援室室長
HIV感染症・
内科学・
感染症
内科学会認定医・指導医
日本病院総合診療医学会認定医
日本エイズ学会指導医
臨床研修指導医
伊藤 俊広 感染症内科部長 HIV感染症・
血液内科学・
止血学(血友病)
内科学会認定医

東北ブロックAIDS/HIV情報ページ

外来受付時間

初めての方

8:00〜11:00

2回目以降予約の方

8:00〜

2回目以降予約以外の方

8:00〜11:00

お電話でのお問合せ

TEL:022-293-1111(代表)

当院の概要を見る

地域医療連携

仙台医療センター 臨床研修医募集

仙台医療センター 医師募集

仙台医療センター 採用情報

手術支援ロボット「ダヴィンチ」

仙台医療センター附属仙台看護助産学校

仙台医療センター 救命救急センター

仙台医療センター 母子医療センター

仙台医療センター ウイルスセンター

仙台医療センター医学雑誌 SMCJ

臨床研究に関する情報公開(倫理委員会)

仙台医療センター 調達情報

ページの先頭へ戻る

独立行政法人 国立病院機構 仙台医療センター

〒983-8520 宮城県仙台市宮城野区宮城野二丁目11番12号
TEL:022-293-1111(代表)FAX:022-291-8114

Copyright © 2013 Sendai Medical Center All Rights reserved.